アニメ・コミック

「約束のネバーランド」完結に思う。

今日は3ヶ月に1回の眼科検診があったぐらいで特に何も無い一日。
私の緑内障は特に進行しておらず、問題無いとのこと。毎日欠かさず点眼している効果なのだろう。

昨日の話。
昨日発売された「少年ジャンプ」で「約束のネバーランド」が完結した。
いい形でのハッピーエンドで、個人的には満足だった。

「約束のネバーランド」の連載が始まったのは2016年の秋頃だったと思う。
第1話のラストシーンが衝撃的で、「ジャンプで凄いサスペンスものが始まった」と思ったものです。実際すぐに人気作品になったし、いろんなメディアでも取り上げられたのも納得の作品だった。

途中でダレることなく続いたのも凄いと思った。
序盤の最大の目的である「施設からの脱出」を果たしても、次の展開が充分引き付けられるものだった。「脱出」を果たしたその後にグダグダになった某プリズンなんとかとは違うなあと思った(笑)。

そんな感じで4年間楽しませてもらった。
ありがとうございましたと心から思う。

・・・また一つ、「ジャンプ」を読む理由が無くなってしまうのは寂しいけれど。

| | コメント (0)

久々に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q」を見た。

今日は「東京で新たな感染者が34人発生」と報じられた。
しかしよく記事を見ると、そのうち小金井市の病院での集団感染が15人。そう考えるとそこまで慌てなくてもいいのかも・・・とは思うが、注意するに越したことはない。
今朝は7時過ぎに田端から山手線に乗ったが、結構混んでた。「緊急事態宣言が出ていた時と同様にテレワークする」会社は多くないのだな、と改めて実感。まあ、うちの会社もそうだしなあ。

昨日の話。
今日奥さんと息子たちが帰ってくるので、「いないうちにできること」をやっておこうと思った。
「将棋倶楽部24」で将棋を指す、というのも考えたが、先日NHK-BSプレミアムの特番で見た「エヴァンゲリオン大投票」に影響されて「ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q」(以下「Q」)のDVDを見ることにした。

いや~~~、ここまで忘れてるか、というくらいにストーリーを忘れていた(笑)。
ある意味新鮮な気持ちで見ることができた、とも言える。
「Q」を見たのはもしかしたらDVDを購入して1回見て、それ以来かもしれない。だとすると7年ぶりくらいかも。
じゃあ忘れても仕方ないよね(←誰に言い訳してるんだ)。

というわけで、“予習”は完了。
後は延期された「最後の劇場版」の上映を待つばかり。
・・・なので、コロナ感染が拡大して、「再び映画館が閉館される」事態だけは避けて欲しいのです。

| | コメント (0)

「鬼滅の刃」完結に思う。

今日は私が所属する部に配属される新入社員が初めて出社してきた。
コロナウイルスの影響で配属を先延ばしにしてきたのだが、感染拡大が落ち着いてきたこともあって今日の出社となった。
私もいろいろ教えてあげる予定だが、頑張って欲しいと思います。

昨日発売された「少年ジャンプ」で、人気作の「鬼滅の刃」が完結した。
連載期間4年3ヶ月というのはそこそこの長さ。連載初期から登場していたラスボスを倒した時点ですっきり終わらせたというのは、「ジャンプ」にしては珍しい気がする。

私自身は、めちゃくちゃ好きな作品というわけではなかったが、毎週欠かさず読む作品ではあった。
主人公側の仲間が敵に殺される(特に最終決戦では死にまくった)というのは、最近のジャンプ作品では珍しいと思っていた。
あと、仲間側と、ラスボス以外の敵側の心理描写は切ないものが多く、そういうところは好きだった。
逆にラスボスは感情移入がしようが無かったなあ(笑)。

そんな「鬼滅の刃」だが、昨年あたりから急にいろんなところで猛プッシュされたような印象を受けた。
特に「『鬼滅の刃』が面白い」と語る芸能人が急に増えたように思えた。

別に芸能人が面白いと思ったっていいのだけど、「裏に何かあるんじゃね?」「ステマ(ステルスマーケティング)なんじゃね?」と思ってしまうのですよ。実際どうなのかは知らんけど。
そんなこともあって、「鬼滅の刃」完結についてちょっともやっとする自分がいます。

| | コメント (0)

「全エヴァンゲリオン大投票」が面白過ぎた。

今朝、7時半頃に田端から山手線に乗ったが緊急事態宣言前のように混んでた。新橋で降りる時も、人でいっぱいだった。そしてうちの会社も営業部門はほとんど出社していた。
企業活動は普通に再開していると思ってよさそうです。

今日は特に何も無い一日だったので、先週末の話を。
先週の土曜日の夜、NHK-BSプレミアムで「全エヴァンゲリオン大投票」が放映された。

一言で書くと「めちゃくちゃ面白かった」。

基本的には「TV版、旧劇場版、新劇場版の序、破、Qの名ゼリフのファン投票の結果発表(1~50位)」で番組が進行していったのだが、紹介されるシーン全てに「懐かしい~~~!」と感動していた。
司会進行の西川貴教、ゲストの中川翔子のエヴァ愛も感じられたし、シンジ役の声優の緒方恵美、マヤ役の声優の長沢美樹が当時の思い出を語ってくれたのもよかった。
「今夏の新作の情報も出るかな~」と思っていたが、1秒も無かった(笑)。
ただ、この番組は「これまでの作品を振り返る」のがテーマだったので、それでよかったのだと思う。

個人的に驚いたのは、名ゼリフの6位に入った「最低だ、俺って」をちゃんと放映したこと。
このシーンは「旧劇場版の冒頭で、シンジがアスカの裸を見て〇〇する」というものなのだが、これをNHKでゲストが語り合うとは思わなかった。
中川翔子も「まさかNHKでやるとは」と驚いていたし(笑)。

まあ、スタジオにいる杉浦アナ以外はみんなリモート出演だったので、途中少し通信トラブルもあったが、全体的には素晴らしい番組だった。
ありがとう、NHK。

| | コメント (0)

「全エヴァンゲリオン大投票」が楽しみ過ぎる。

今週末は、競馬は土曜に京王杯スプリングC、日曜にヴィクトリアマイルが行われる。
もちろんそれも楽しみなのだが、それ以上に楽しみにしているのがこれ。

「全エヴァンゲリオン大投票」

なんとNHK-BSプレミアムで、土曜日の22時30分から2時間に渡って「エヴァンゲリオン」の特番を放映してくれる。
これは楽しみ過ぎる。おそらくは今夏に上映される劇場版に合わせての特番なのだろう。・・・上映は延期されてしまったけれど(涙)。

番組内容は、「エヴァ」のキャラクター、セリフ、エヴァ(機体)、使徒のファン投票結果の発表。
それをゲスト達がわいわい語り合う番組、になるのだと思う。

まあ、正直なところ、そのゲストトークは割とどうでもよく(笑)、興味があるのは「おそらく少しは公表されるであろう、新作情報の話」である。
公式サイトで見れる「特報」以上の映像を見ることができれば凄く嬉しい。
NHKならきっとやってくれると信じてます。

| | コメント (0)

漫画読みまくりの大型連休。

今日から大型連休。

今日は奥さんが朝から買い物に出掛けたので、私が息子二人の相手をする。
と言っても、午前中は公園で遊び、昼前に昼食を買いにスーパーに行き(めちゃくちゃ混んでた)、昼過ぎは昼寝して、15時過ぎに起きたのでまた公園で遊んだだけ。
まあ、いつもの週末と同じです。でも、こんな感じの日々があと一週間続くんだろうなあ…。
昨日「個人的には色々楽しめる」と書いたうちの一つの漫画。
「ジャンプ+」のアプリで、「ハイキュー!!」を28巻まで無料で読めるのだが、それはようやく読破した。
やはり「ハイキュー!!」面白過ぎる。個人的には「私が読んだことがある、ジャンプで連載されたスポーツ漫画」としては、歴代1位を「みどりのマキバオー」と争うぐらいに好きです。
そして今日読みまくったのが「銀河英雄伝説(以下「銀英伝」)。
原作は1982年に刊行された超有名SF小説で、これまでアニメ化、ゲーム化されまくってきた作品。
これを2015年から「ヤングジャンプ」で、作者・藤崎竜(「封神演義」で有名)で連載している。
実は私は銀英伝はこれまで読んだことも見たことも無かった。ラインハルトとヤン・ウェンリーの名前を知ってるぐらい。
なので今回はいい機会と思い、無料公開分を読みまくっているのだが、さすが長年愛されている作品だけあって面白い。

今回の無料公開は明日までで、4巻までなのだが、5巻以降はTSUTAYAで借りて読もうかなあ、とか思います。

| | コメント (0)

漫画読みまくりの日々。

今週、小池都知事が「今週末は不要不急の外出を控えるように」と発言したわけだが、その影響で明日の長男の習い事は急遽お休みになった。
まあ、習い事なんて不要不急ですよね。
ただ、次男の習い事はお休みにならないらしい。運営している会社によって考え方は様々だなあとか思ったり。

さて、今回のコロナウイルス大流行の影響での数少ないありがたいことと言えば「漫画の無料配信が多くなった」ということ。
漫画の電子配信アプリはいろいろあるが、軒並み無料配信をやってくれているイメージがある。

私が使っているのは「ジャンプ+」だが、ここは連載している漫画(これは元々無料)に加え、過去のジャンプの名作を期間限定で無料配信してくれる。
で、現在配信している主な作品は、「ワンピース」(60巻まで)、「ブリーチ」(48巻まで)、「ハイキュー!!」(28巻まで)、「ナルト」(27巻まで)など。ぶっちゃけ、読み切れる量ではない(笑)。

私はこの中で「ハイキュー!!」を読んでいる。
今は15巻で、春高バレー県予選の決勝、烏野vs白鳥沢の真っ最中。やはり面白い。面白過ぎてついつい読み進め過ぎてしまい、睡眠時間が削られるのが悩みの種(笑)。
あと、馬券検討の時間も削られている。まあ、じっくり検討すれば当たるのか、という問題はあるのだけど。

| | コメント (0)

「劇場版シンカリオン」を見た(ネタバレあり)。

そして今日。

次男は保育園に預け、長男と二人での休日。
まず向かったのは池袋。
ここでは「劇場版シンカリオン」を見る。
息子は、「シンカリオン」のアニメはほとんど見たことはないのだが、キャラは好きで、Tシャツやキーホルダーなどのグッズを持っていたりする。
で、映画の感想。
これ、ほんと子供向けなんだよな?(笑)
もう、公開されて3週間経つし、もうすぐ上映も終わりそうだからネタバレを書くが、ゴジラそのものの敵が出て(しかもバックミュージックはあのゴジラのテーマ)、シンカリオンキャラクターに「Choo Choo TRAIN」を踊らせて当時のJRのCMを再現させて、極め付けは「エヴァンゲリオン」のキャラクター(シンジ、レイ、アスカ、委員長など)を出しまくり、シンジに至ってはシンカリオンに乗って戦ってた。
うん、どう考えても40〜50代向けです。
まあ、「エヴァ」とのコラボは「シンカリオン」の本編でもやってたから、映画でもコラボするのは妥当ではあるが。
ただ、ハヤト(シンカリオンの主人公)が敵にやられて目を覚ますシーンが、「エヴァ」のシンジが目を覚ますシーンと全く同じ(いわゆる「見知らぬ天井」)なのは思わず笑ってしまった。
て言うか、「シンカリオン」は「エヴァ」に影響受け過ぎだろ、と強く思う(笑)。
あ、映画そのものは「悪い敵をみんなでやっつけてめでたしめでたし」というわかりやすい話でした。
その後はルミネでご飯食べたり、耳鼻科に行って長男の耳掃除してもらったり。
前から長男の耳垢が溜まっているのは気づいていたが、変に耳かきで傷をつけるのも怖いので、耳鼻科でやってもらうことにした。
結果、左右ででっかいのが8個ほど取れた。よかったよかった。

そんな感じでかなり有意義な有休でした。

| | コメント (0)

来年の「ジャンプ」。

今日は仕事の途中でインフルエンザの予防接種をしたぐらいで特に何も無い一日。
今年は社員に限り「接種費用を会社が全額負担」となったので、値段を比べる必要が無くなった。
というわけで会社の近くの病院でさくっと接種してきた。これで今シーズンも大丈夫だろう。たぶん。

今週の、というか最近の「ジャンプ」を読んで思うこと。

来年の「ジャンプ」大丈夫?

ということ。
現在の「ジャンプ」で連載が2年以上続いている作品のいくつかがもうすぐ終わりそうな雰囲気だったりする。
「ハイキュー!!」は、つい最近「最終章」に突入。
「鬼滅の刃」は、ラスボス(だよねえ?)と戦闘中。
「約束のネバーランド」は、鬼側のラスボスは倒して、あとは人間側の敵との対決を残すのみ。
「ぼくたちは勉強ができない」は、主人公&ヒロイン達がもうすぐ卒業。

この4作品は普通に考えれば来年中には完結しそう。
で、冒頭の心配に繋がるわけですよ。
この4作品が終わったら、「ジャンプ買ったらすぐ読みたい」作品は「Dr.STONE」と「アクタージュ」だけになってしまう。
これはなかなか厳しい状況。
今年に連載が始まった作品も、ほとんどは2021年まで続かなさそうな作品ばかりだしなあ。

正直、「面白いマンガ」の数で言えば、無料アプリの「ジャンプ+」の方が全然多い。
お金払って購入している「ジャンプ」の方がイマイチでは本末転倒では・・・なんてことを思ったりします。

| | コメント (0)

また将棋マンガか…。

今日発売の「ジャンプ」の話。

今週から新連載のマンガ「ふたりの太星」が始まった。
で、このマンガのジャンルは将棋。
先に書くが、「ジャンプはいい加減に将棋マンガを諦めろ」と言いたい。
昨年も「紅葉の棋節」という将棋マンガの連載を始めたが、あっさりと打ち切りになったように、ジャンプにおいて「将棋マンガ」は苦手ジャンルの一つと言っていい。最近のジャンプの「三大・長続きしないジャンル」の一つだと思う。ちなみに残りの二つは「サッカー」と「野球」です(個人的な感想)。
「いや、今回は長続きするよ」と言えればいいのだが、初回を読む限りは厳しい。
ただでさえ「将棋マンガ」という、普通の人には馴染みの薄い設定のところに、「主人公が二重人格」という設定を入れるというのはかなり盛り過ぎ感がある。
まあ、年内で打ち切られなかったらラッキー、ぐらいの感じで見守ろうと思います。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧