映画・テレビ

上田まりえ。

今日は仕事で午後に出掛けて、17時には用事は終わったのだが、会社に戻る気はしないのでそのまま帰宅。アメ横のユニクロで買い物して、ちょっと休憩して帰りました。

今、私がEテレ以外の放送局で唯一視聴している番組はMXの「5時に夢中」。それも、マツコデラックスが出演している月曜のみ。これを、YouTubeで見るのが楽しみだったりする(一応、違法です)。

さて、この「5時に夢中」のアシスタントは元・日テレの上田まりえアナウンサーなのだが、この3月で降板するらしい。
確かに2週前から体調不良で休養していたのだが、結構あっさり見切るものだなと思っていた。

ところが、上田は他のレギュラー番組には出演しているらしく、要は「5時に夢中」だけサボっている状況の模様。
まあ、「5時に夢中」は下ネタがきっつい番組なので、そういうのが合わなかったのかもしれない。あと、コメンテーターとの息も合ってない感じもしたし。
ただ、「サボり」はいかがなものかと思う。これって今後の仕事に影響出るのではないだろうか。

とりあえず、今回の降板劇について、マツコデラックスの意見を聞いてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながら「3月のライオン(実写版)(後編)」を見た。

今日の東京はくっそ寒い一日。
今日は嫁さん&息子2人が新潟から帰ってきたが、新潟といい勝負の寒さだったと思う。。
上の息子はそり遊びをしたり、雪だるまを作ったりで、雪遊びを満喫した模様。写真を見せてもらったが、昨日はお客さんもおらず、ゲレンデを上の息子だけで独占していた。まるで「プライベートゲレンデ」でした。

今日の午前中は早起きして「3月のライオン(実写版)(後編)」を見た。

一言で言えば「良くも悪くも原作エピソード詰め込み過ぎ」。

宗谷vs零の記念対局、いじめ編、ダメ父親編に加えてオリジナルエピソード(零vs後藤)まで入れてるんですもの。
あと、演じているのが有村架純だからかもしれないが、香子の出番多過ぎ(笑)。そこまで重要キャラだったかあ?

とは言うものの普通に面白かったです。
零(神木)だけでなく、他の俳優・女優陣の演技が「3月のライオン」の世界観をしっかり作っていました。原作がもう少し進んだら、また実写版を見てみたいです。

さて、リアルの将棋だが、今日はA級順位戦のプレーオフ決勝の稲葉八段vs羽生竜王・棋聖が現在進行形で行われている。
これに勝った方が名人挑戦となるわけだが、まだ決着は見えない。現時点では「攻める羽生vs受ける稲葉」の構図だが、かなり難解。
AbemaTVで生放送中なので、じっくり楽しもうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながら「3月のライオン(実写版)(前編)」を見た。

今日でつかの間の一人暮らしも3日目だが、特にどうと言うことも無く過ごす。
会社の人からは「子供たちがいなくて寂しくない?」と言われるが、正直なところ、数日いないだけなら寂しいとかは無い。て言うか、昨年は3ヶ月以上いなかったわけだし。
上の息子は、嫁さんのお父さんとそりに乗って遊んだりしている模様。義父さんは今年で84歳なのだが、元気ですなあ。

昨日の夜は、「3月のライオン」の実写版の前編を見た。
昨年の劇場公開時は結局見にいけなかったので、今回の機会に絶対見ようと思っていた。

感想だが、原作の世界観を大きく崩さず、いい出来だと思った。
「原作の名場面の寄せ集め」的にも感じたし、「原作知らない人には展開早すぎない?」とも思ったが、細かいことは気にしない。
それにしても「漫画原作の映画でメインキャストに神木隆之介に使う」というのは鉄板ですな(笑)。逆に神木以外にこういう役を演じられそうな俳優がいないのも問題だとは思うが。

あと、冒頭の宗谷vs後藤の対局シーンに、立会人として久保王将が出演しているのには笑わせてもらった。思わず「久保じゃねえか!」と声が出ました。映画館で見ていたらヤバかったかもしれん。

実は「後編」も借りているのだが、見るチャンスは21日(水)の午前中しかなさそう。
この日は嫁さん&息子が午後には帰ってくるので、この日は早起きして見るとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のCMを見て思うこと。

今日で第2子出産予定日まで5日となった。
ここまで来ると急に産気づくこともあるかもしれないので、いつでも新潟に行ける準備はしなくてはいけないのだが、とりあえず何もしていない(笑)。
まあ、今回は出産に立ち会うのはかなり厳しいので、焦っても仕方ないんですけどね。

今日は特に何も無い一日なので、最近思うことを。

嫁さん&息子がいないので、家でテレビを見る機会が増えた(嫁さんは息子にテレビを見せたがらない)。
で、見ていて思ったのだが、

最近のCMで使われる楽曲って、古い曲が多過ぎない?

パッと思い浮かぶのだけで「ギザギザハートの子守唄(車のCM)」、「100%SOかもね」(飲み物のCM)、「夏色(ロッテの爽)」、「SPARK(本田圭祐が出てくるCM)」などなど。
確かにCMでこれらの曲が流れると、懐かしく感じてテレビの画面を見てしまうという効果はある。
ただ、そういうのに頼りすぎると、新しいヒット曲なんて生まれないよなあ、なんてことを思ったりもする。
とは言うものの、そもそもテレビCMを見ている人自体減っているのだろうから、昔の曲でも充分なのかもしれない。

まあ、今後の傾向として「安上がりに作ったCM」は増えるのでしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながら「人工知能 天使か悪魔か 2017」の感想。

今日は東京FW大久保のケガ(日曜の磐田戦で負傷)が靭帯損傷で全治4~6週間とわかったぐらいで特に何も無い一日。
大久保が徐々にフィットしつつあるところでの離脱は痛いが、無理せず治して欲しい。

今更ながら日曜日に見たNHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か 2017」の感想を。
この番組は、先日行われた電王戦を振り返りつつ、メインテーマは「今後の生活で人工知能がどう使われていくのか」というものだった。

で、番組を見て思ったのが、人工知能って結構使われてるのね、ということ。

名古屋のタクシー会社では、GPSのデータ(人がどこにどれくらいいるのか)とこれまでのタクシーの乗降記録データ(いつどこでタクシーが使われたか)を組み合わせて、「今、どの道を走れば客を拾いやすいか」を人工知能に判断させるソフトを使っていた。このソフトを使うことで、新人ドライバーが「客を拾いやすくなった」と語っていた。

株式の取引は、もっぱら「人工知能頼り」になっていた。
人工知能が超高速で株取引をしまくっていたのだが、ディーラーは画面を見ているだけで暇だろうなあと思った。

ちょっと笑ってしまったのが、「韓国で人工知能を政治家に育てる」というプロジェクトを始めているという話。
韓国は(日本も偉そうなことは言えないが)汚職とか腐敗政治とかよく言われる国なので、客観的な判断を下せる人工知能に政治を任せるというのはある意味正しいのかもしれない。
しかし、「人工知能に支配される人類」というのはSFではよくある話だが、韓国はその起源になるかもしれないなあ(笑)。

さて、この「人工知能 天使か悪魔か 2017」は今夜24時10分から再放送されます。
日曜日に見逃した方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調弦。

今日は夕方に地震があって少し驚く。
東京はたいして揺れなかったが、東北地方では震度5弱のところもあったようで、大事にならなければいいのだけど。

我が家の平日の朝は、7時くらいまでにご飯を食べ終えて、その後はEテレ(昔のNHK教育)を見ながら息子を着替えさせたり、保育園の準備をしたりで、7時半前後に私と息子が出掛ける、というパターンである。
朝のEテレは「にほんごであそぼ」「0655」「シャキーン!」「はなかっぱ」「デザインあ」を見ていることになる。

ここから本題。
今朝の「デザインあ」(デザインを題材とした番組です)で、いろいろな弦楽器を取り上げていたのですよ。
ギターやバイオリン、琴まである中にマンドリンが出てきて、ちょっと嬉しくなった。

さらにその後に「調弦」の文字が画面に出て、いろんな楽器の調弦する様子が映った。

・・・胃がキリキリしました・・・。

マンドリン(厳密にはマンドロンチェロ)を触らなくなって20年経つが、調弦の時のピリピリ感は忘れないなあ。
そんなことを思う朝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいすけお兄さん卒業。

今日の東京はかなり暖かかったが、めちゃくちゃ風が強かった。
家に帰って、ベランダに干した洗濯物があらかた落っこちていたのを見た時は閉口しました・・・。

今日の残念な話。

「『うたのお兄さん』横山だいすけが卒業へ」

Eテレの「おかあさんといっしょ」の「うたのお兄さん」を務めてきた横山だいすけ(以下「だいすけお兄さん」)が3月いっぱいで卒業することが発表された。

私が「おかあさんといっしょ」を見るようになったのはここ1年くらいだが、だいすけお兄さんは生き生きと演じていて、見ていて「楽しそうだなあ」と思っていた。
で、ウィキペディアで「高校生の頃から『うたのお兄さん』になることに憧れ、『うたのお兄さん』になる為に劇団四季に入った」ということを知り、「そりゃあ生き生きしてるわな」と思った(笑)。
ちなみに「うたのお兄さん」は9年演じていたらしい。長いな~。

後任の「うたのお兄さん」は花田ゆういちろうさん。
どうやら、文学座(超有名な演劇集団です)出身の人らしい。声はよさそう(笑)。

というわけで、だいすけお兄さんが見られるのもあと1ヶ月ちょっと。
私は土曜の朝しか「おかあさんといっしょ」を見ることができないが、できるだけ見ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目アナ卒業。

毎週水曜の楽しみ(と言っても実際に見るのは木曜以降だが)の一つは「マツコ&有吉の怒り新党」。
その進行役を、深夜放送時代から5年間務めてきた夏目三久アナが今夜の放送で卒業するとのこと。

これはかなりショック。
「やべっちFC」で前田有紀アナが卒業(&退職)したとか、「5時に夢中!」で内藤聡子アナが卒業したのと同じくらいショックである。

「怒り新党」を見ている多くの人間が思うことだろうが、マツコと有吉のトークをうまく拾い上げたり、二人にいじられたりする夏目アナの存在は凄く大きい。
基本的に不真面目なマツコと有吉をたしなめる夏目アナという、この3人だからこそこの番組は面白かったのだと思う。
正直、「『怒り新党』、大丈夫か?」という印象しかない。
後釜が誰になるかはわからないが、テレ朝の若いアナウンサーでは対応し切れない気がする。まあ、後報を待つとしましょう。

それにしても。
諸事情(笑)で日テレを退社し、フリーになって最初の仕事が「怒り新党」。
その後「怒り新党」が人気番組になり、その影響か出演番組が増え、今やTBSの朝の顔(「あさチャン!」のメインMC)。
そりゃあ、夏目アナは「今の私があるのはこの番組のおかげ」と言いますよ(笑)。ほんと、何がきっかけで復活するかなんてわからんものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVer。

今日の昼は会社の後輩とランチビュッフェに行ったのだが、調子に乗って食べ過ぎてしまい、午後はお腹パンパンだった。う~む、衰えたなあ(笑)。

最近よく見るサイトに「TVer」というものがある。
これは「民放5局の番組を、地上波放送後にパソコンやスマホで見られる」サイトである。
まあ、全ての番組を見られるわけではなく、ごく一部に限られているわけだが、それでも「マツコの知らない世界」や「有吉反省会」など、私がよく見ているバラエティをいくつか見ることができるのはありがたい。
会社の昼休みにスマホで見られるので、いい暇つぶしになってくれている(笑)。

願わくば、もっと多くの民放の番組が見られるようになると嬉しいのだが、それは難しいのだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TBS好調。

今日は錦織が全豪オープン準々決勝で負けたぐらいで特に何も無い一日だったので昨日の話を。

昨晩の「マツコの知らない世界」で70~80年代アイドルの振り付けを取り上げていたのだが、これが懐かし過ぎて笑った。
「ダンシング・ヒーロー」(荻野目洋子)の拳を左右に突き出す振り付けや、「淋しい熱帯魚」(Wink)の「大魔神変身」のような振り付け、そして中森明菜の振り付け特集(「十戒」「DESIRE」他)などをやってくれたのだが、41歳のおっさんには楽し過ぎる内容だった。
嫁のいないリビングでテレビ見ながら歌ってたし、「DESIRE」は踊ってました(笑)。

この「マツコの知らない世界」はTBSだが、最近のTBSは「水曜日のダウンタウン」もまずまず面白いし、一時期よりは見る機会が増えている。
この勢いで「クイズ・タレント名鑑」を復活させて欲しいのだが、厳しいかなあ・・・。(ちなみに、「水曜日のダウンタウン」と「タレント名鑑」の作成スタッフは同じらしいですな。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧