映画・テレビ

映画「AWAKE」を観た。

うちの会社はまだ正月休みなのだが、奥さんには「今日から仕事」と言っており、朝から普通にスーツ姿で出掛ける(笑)。


午前中は池袋で映画「AWAKE」を観た。
この映画は、2015年に実際に行われた「電王戦」の阿久津八段vsソフトのAWAKEが元ネタになっている、ていうかかなり再現している。

映画として面白いかどうかと問われれば、

めちゃくちゃ面白かった

の一言。
電王戦の再現性はなかなか高く、そこも見所ではあるのだが、単純に人間ドラマ、ライバルとの対決ドラマとしても面白かった。

そして、主演の吉沢亮の演技も良かった。
恥ずかしながら今日まで知らない役者さんだったけど。名前を「りょう」と読むのを今日知ったくらいだし。
個人的には、AWAKEに○○(一応伏せ字)が見つかった後に感情を爆発させるシーンが好き。

ただ、今日は池袋で観たのだが、かなりのガラガラだった。
上映が始まったのが先月の25日だったので、もしかしたらもうすぐ上映が終わってしまうかもしれない。
なので、興味のある方は早めに観に行くことを勧めます。


| | コメント (0)

TVerで「水曜日のダウンタウン」が見れる。

ここ数日気になるのは「日本海側の大雪」。
奥さんの実家は新潟県南魚沼市だが、このあたりはめちゃくちゃ雪が降っている。
奥さんへ義妹さんから「めちゃくちゃ雪が降ってる」とLINEが入ったらしいが、新潟の人が「めちゃくちゃ降ってる」というのだから相当なのだろう。
本来なら「これでスキー場もにぎわうだろう」と言いたいところだが、おそらく今年はスキー客も減るだろうからあまり関係なさそう。

話は変わって。
一昨日「水曜日のダウンタウン」を見ていたら、番組の最後に「『TVer』でも配信開始」とナレーションが入り、思わず「えっ!?」と声が出た。
「水曜日のダウンタウン」は好きな番組だが、私の担当の家事が終わるのが22時を過ぎるので番組の全部を見れないことが多かった。

しかし、「TVer」で見れるとなると番組の全てを見ることができる。「水曜日のダウンタウン」を見るために家事を急いで終わらせる必要もない。
ほんと、ありがたい限りです。

| | コメント (0)

「STAND BY ME ドラえもん2」を観た。

昨日の話。

昨日は、家族4人で映画を観に池袋へ出掛けた。
実は奥さんの会社で「映画を観たら補助金出す。しかも家族全員分」という謎の福利厚生が始まり、その恩恵にあやかることになった。

で、家族4人で見れそうな映画ということで選んだのが「STAND BY ME ドラえもん2」。
20日に公開が始まった最新作である。やはり、家族で見るなら「鬼滅の刃」よりは「ドラえもん」の方がいい。

その感想だが、

めっちゃ泣いた。

いや、テレビのCM見た時点で「これは絶対泣くわ」と思っていたので、「意表を突かれて泣いた」というわけではない。「予想通りに泣かされた」という感じである。
ストーリーはネタバレになるので書かないが、心温まる話です。家族で見るなら間違いなくお勧めできます。
こんないい映画を観る機会を与えてくれた奥さんの会社には感謝しかないです。


| | コメント (0)

「関ジャム完全燃SHOW」。

今日は特に何も無い一日。
なので、そのうち書こうと思っていた話を書く。

私と奥さんの間では「息子たちと一緒に寝る日」と「独りで寝る日」をあらかじめ決めている。
息子たちと一緒に寝るのは結構大変(寝相が悪いので蹴られて起こされるから)なのがその理由。

で、私が独りで寝られるのは日・火・木曜日。
この曜日は、家事が終われば寝るまでは完全に自分の時間となり、TVも見れる。

・・・なのだが、日・火・木曜日の22時以降(家事が終わるのがだいたいこの時間)はたいして面白い番組が無い。
この3曜日で確実に見ているのは、日曜日の23時頃から始まる「関ジャム完全燃SHOW」のみ。
この番組は「関ジャニ∞が、毎回様々なアーティストをゲストに迎え、一夜限りのジャムセッションやトークを繰り広げる音楽バラエティー番組」なのだが、これが結構勉強になる。

ヒット曲を音楽の専門家が分析したり、最近流行している音楽の「流行り方」だったり、聞いててためになる。
で、番組で取り上げられた楽曲を「LINEMUSIC」で聴く、というパターン。

音楽好きな人なら見てみて損は無いと思います。

| | コメント (0)

「AIでよみがえる美空ひばり」を見た。

今日で9月も終わり。にも関わらず、東京は30度の暑さ。
残暑はまだまだ続きますなあ・・・。

今日は特に何も無い一日だったので、昨日の話。

昨晩、テレビを見ていたらNHKで「NHKスペシャル AIでよみがえる美空ひばり」という番組が始まった。
ちょっと面白そう、と思って見始めたら想像以上に面白かった。

要は「これまでの美空ひばりの歌唱データをAIに蓄積させ、全くの新曲を美空ひばりの声で歌わせる」という試み。
ただ、美空ひばりは独特の歌唱技術があり、それを再現するのがかなり大変そうだった。

しかし、いろいろ工夫して1年近くかけてようやく完成。
で、その歌声を聴いたのだが、

普通に美空ひばりの歌声でした。

まあ、私は美空ひばりにそんなに詳しいわけではないからそう聴こえるのかもしれない。美空ひばりのファンの方が聴いたら「これは違う」と言うのかもしれない。
ただ、番組では美空ひばりファンの方や天童よしみ(このプロジェクトに協力していた)を集めて披露していたが、多くの人が感動してボロ泣きしていた。
なので、それなりの完成度ではあったのだろう。

そんなわけで、個人的には「今の音声合成技術は凄いなあ」と素直に感心した。
・・・のだが、ネット上では「亡くなった方をこういう形で蘇らせること」に否定的な意見も見られた。
まあ、気持ちはわからんでもないのだが、↑にも書いた通り、久々に「歌う美空ひばり」を見て感極まっている人がいたのも事実。そういう人にとっては「いい体験」ができたわけで、それならこのプロジェクトは「やってよかったこと」なのではないかと思う。

ちなみにこの番組の再放送は明日1日(火)の深夜24時35分から(つまり日付が変わって2日(水)の0時35分から)。
興味のある方はご覧になって下さい。

| | コメント (0)

懲りねえなあ。

今日の「ほんっっっと懲りねえなあ」と思った話。

「浜辺美波、映画化『約束のネバーランド』主演決定」

少年ジャンプで連載中の「約束のネバーランド」(以下「約束」)が映画化されることになった。
いや、「なってしまった」。
この記事を読む限り、「主人公たちの年齢を原作の12歳から16歳に変える」という変更があるようで、おそらくは他にもいろいろ変更があるのだろう。

誰もが思うことだろうが、

失敗する展開しか見えない。

「約束」の「脱走編」は、「12歳以下の少年少女たちが、大人の『ママ』と頭脳戦を繰り広げる」ことが肝なのに、16歳にしてどうするよと思う。そもそも、「脱走編」を2時間程度の映画にまとめられるのか?というのもある。

まあ、見に行くことは無いとほぼ断言できるのでどうでもいいと言えばどうでもいいのだが、「漫画の人気作を映画実写化→大失敗」という流れを、なぜ何度も繰り返してしまうのだろうかと不思議に思います。

| | コメント (0)

上田まりえ。

今日は仕事で午後に出掛けて、17時には用事は終わったのだが、会社に戻る気はしないのでそのまま帰宅。アメ横のユニクロで買い物して、ちょっと休憩して帰りました。

今、私がEテレ以外の放送局で唯一視聴している番組はMXの「5時に夢中」。それも、マツコデラックスが出演している月曜のみ。これを、YouTubeで見るのが楽しみだったりする(一応、違法です)。

さて、この「5時に夢中」のアシスタントは元・日テレの上田まりえアナウンサーなのだが、この3月で降板するらしい。
確かに2週前から体調不良で休養していたのだが、結構あっさり見切るものだなと思っていた。

ところが、上田は他のレギュラー番組には出演しているらしく、要は「5時に夢中」だけサボっている状況の模様。
まあ、「5時に夢中」は下ネタがきっつい番組なので、そういうのが合わなかったのかもしれない。あと、コメンテーターとの息も合ってない感じもしたし。
ただ、「サボり」はいかがなものかと思う。これって今後の仕事に影響出るのではないだろうか。

とりあえず、今回の降板劇について、マツコデラックスの意見を聞いてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながら「3月のライオン(実写版)(後編)」を見た。

今日の東京はくっそ寒い一日。
今日は嫁さん&息子2人が新潟から帰ってきたが、新潟といい勝負の寒さだったと思う。。
上の息子はそり遊びをしたり、雪だるまを作ったりで、雪遊びを満喫した模様。写真を見せてもらったが、昨日はお客さんもおらず、ゲレンデを上の息子だけで独占していた。まるで「プライベートゲレンデ」でした。

今日の午前中は早起きして「3月のライオン(実写版)(後編)」を見た。

一言で言えば「良くも悪くも原作エピソード詰め込み過ぎ」。

宗谷vs零の記念対局、いじめ編、ダメ父親編に加えてオリジナルエピソード(零vs後藤)まで入れてるんですもの。
あと、演じているのが有村架純だからかもしれないが、香子の出番多過ぎ(笑)。そこまで重要キャラだったかあ?

とは言うものの普通に面白かったです。
零(神木)だけでなく、他の俳優・女優陣の演技が「3月のライオン」の世界観をしっかり作っていました。原作がもう少し進んだら、また実写版を見てみたいです。

さて、リアルの将棋だが、今日はA級順位戦のプレーオフ決勝の稲葉八段vs羽生竜王・棋聖が現在進行形で行われている。
これに勝った方が名人挑戦となるわけだが、まだ決着は見えない。現時点では「攻める羽生vs受ける稲葉」の構図だが、かなり難解。
AbemaTVで生放送中なので、じっくり楽しもうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながら「3月のライオン(実写版)(前編)」を見た。

今日でつかの間の一人暮らしも3日目だが、特にどうと言うことも無く過ごす。
会社の人からは「子供たちがいなくて寂しくない?」と言われるが、正直なところ、数日いないだけなら寂しいとかは無い。て言うか、昨年は3ヶ月以上いなかったわけだし。
上の息子は、嫁さんのお父さんとそりに乗って遊んだりしている模様。義父さんは今年で84歳なのだが、元気ですなあ。

昨日の夜は、「3月のライオン」の実写版の前編を見た。
昨年の劇場公開時は結局見にいけなかったので、今回の機会に絶対見ようと思っていた。

感想だが、原作の世界観を大きく崩さず、いい出来だと思った。
「原作の名場面の寄せ集め」的にも感じたし、「原作知らない人には展開早すぎない?」とも思ったが、細かいことは気にしない。
それにしても「漫画原作の映画でメインキャストに神木隆之介に使う」というのは鉄板ですな(笑)。逆に神木以外にこういう役を演じられそうな俳優がいないのも問題だとは思うが。

あと、冒頭の宗谷vs後藤の対局シーンに、立会人として久保王将が出演しているのには笑わせてもらった。思わず「久保じゃねえか!」と声が出ました。映画館で見ていたらヤバかったかもしれん。

実は「後編」も借りているのだが、見るチャンスは21日(水)の午前中しかなさそう。
この日は嫁さん&息子が午後には帰ってくるので、この日は早起きして見るとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のCMを見て思うこと。

今日で第2子出産予定日まで5日となった。
ここまで来ると急に産気づくこともあるかもしれないので、いつでも新潟に行ける準備はしなくてはいけないのだが、とりあえず何もしていない(笑)。
まあ、今回は出産に立ち会うのはかなり厳しいので、焦っても仕方ないんですけどね。

今日は特に何も無い一日なので、最近思うことを。

嫁さん&息子がいないので、家でテレビを見る機会が増えた(嫁さんは息子にテレビを見せたがらない)。
で、見ていて思ったのだが、

最近のCMで使われる楽曲って、古い曲が多過ぎない?

パッと思い浮かぶのだけで「ギザギザハートの子守唄(車のCM)」、「100%SOかもね」(飲み物のCM)、「夏色(ロッテの爽)」、「SPARK(本田圭祐が出てくるCM)」などなど。
確かにCMでこれらの曲が流れると、懐かしく感じてテレビの画面を見てしまうという効果はある。
ただ、そういうのに頼りすぎると、新しいヒット曲なんて生まれないよなあ、なんてことを思ったりもする。
とは言うものの、そもそもテレビCMを見ている人自体減っているのだろうから、昔の曲でも充分なのかもしれない。

まあ、今後の傾向として「安上がりに作ったCM」は増えるのでしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧