経済・政治・国際

バイデン大統領で確定。

今日は在宅勤務。
今日はWEB会議で打ち合わせをしたが、こういう打ち合わせが入ると在宅勤務の意味が薄れるなあ、とか思わないでもない。まあ、必要な打ち合わせだから仕方ないのだけど。

昨年から気になっていたアメリカ大統領選挙の行方だが、結局バイデン氏が勝利ということで確定した。もうすぐ就任式を行うわけだが、長い道のりだったなあ(笑)。

個人的にはトランプが負けて軽くガッカリ。
トランプは中国相手でもガンガン喧嘩を仕掛けていくのが見ていて面白かった。
バイデンは中国寄りらしいので、「アメリカvs中国」の構図は見れないだろう。つまらん。

さて、今更な話だがバイデンって78歳なんだな。菅首相が72歳だからそれよりも年上。まあ、トランプも74歳だからたいして違わないけど。
78歳というと、私の父親が死んだ年齢よりも上である。健康面には気を付けてもらいたいものです。

 

| | コメント (0)

緊急宣言要請。

今日は午前中に近所の神社に初詣に行って、午後は義妹さん一家が遊びに来た。うちの息子達はいとこのお兄ちゃんと遊べて楽しんでました。


今日は「1都3県の知事が緊急宣言を要請した」というニュースがあった。
ただ、正直どうでもいい、とか思っている。
どうせ緊急事態宣言は発令しないだろうし。
それくらい今の政府には何の期待もしていない。

菅首相は、「優秀なナンバー2がトップに立っても、思ったほど機能しない」というタイプなのだろう。
これ、どこかで見たことがあるような気がするなあ、と思ったが、あれだ、

トルシエのコーチで、優秀に見えたけど全然ダメだった山本昌邦

これだ。
そんなことを思う夜です。


| | コメント (0)

参院選の感想。

昨日行われた参院選だが、私が投票した維新の会の人は無事当選。
6人当選するうちの5番目とギリギリだったが、激戦の東京で当選できたというのはなかなか凄いことだと思う。
比例でも5人当選して、維新は議席数を3人分増やせた。徐々に力をつけている印象です。

今回の参院選でちょっと気になっていたのは「NHKから国民を守る党(通称「N国」)」が議席を確保できるか、ということ。
結果から書くと1議席確保できた。
先日の地方選ではそこそこ健闘していたが、さすがに参院選は厳しいと思っていただけにこの結果は驚き。
世の中、NHKに不満を持っている人がここまでいるのね、と思わせる結果だった(あるいは政見放送が面白すぎて、勢いで投票した人もいるかもしれない)。

さて、こうなるとN国としては党の公約である「NHKのスクランブル放送の実現」に向けて動くのだろう。
やらなかったら党の存在意義に関わるし。

というわけで、今後のN国の動向が楽しみです。

| | コメント (0)

日曜は衆院選。

今朝は久々に太陽を見た。
やはり天気が良いと気分も良い・・・と思ったら、夕方には曇り空になってきた。東京はまた明日から雨だし、週末には台風も近付くとのこと。もうマジで(以下略)。

さて、今週末と言えば個人的には菊花賞だが、世間一般的には総選挙である。
私が住んでいるところの東京2区は、自民・立憲・希望の3人の争い。
さすがにここは自民に入れざるを得ない。立憲・希望ともに信用は全くできん。

ただ、比例は自民には入れない。
やはり「消費税10%」は許せないです。いろんなこと(幼児教育無償化とか)をやるのに財源がいるのはわかるが、「まずは支出を減らせよ」と言いたい。
というわけで、ネットで「ボートマッチ」(自分の考えに近い政党を知ることができるサイト)をやってみたところ、私の考えに一番近いのは維新だった。
死に票になりそうな気配はあるが、比例は維新にしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解散。

今日は午後に衆議院が解散された。
この後は選挙となるわけだが、どうやら10月22日(日)となる模様。

今回の解散は数日前から報じられていて、「どうせ自民が勝つのだからやる意味あるのか?」と思っていたが、ここにきて小池都知事が「希望の党」を立ち上げ、民進党を解体してこれに合流するという展開になり、少し面白くなってきた。
民進党のままだったら話にならなかったと思うが、小池百合子がトップなら少しは自民党に対抗できそうな気がする。最近は自民党に対する嫌悪感もありそうだし、もしかしたらそこそこの議席を奪ったりするのかもしれない。
まあ、民進党色をどこまで消せるかが鍵になりそうですな。

ただ、小池はとりあえず都政をちゃんとやってくれよ、とは思う。
結局「豊洲移転問題」ってどうなったの?とか、都内の待機児童問題とか、やらなくてはいけないことはいくらでもある。
こういうのを見ると「国政に勢いをつけるために、東京を“踏み台”にしたんじゃねえの?」と勘ぐってしまう。

さて、私はどこに投票するかねえ。
私も今の自民党には嫌悪感がある。
かと言ってまともな野党もないからなあ、ということで維新の党に投票したこともあるが、今回は各党の政策をじっくり見て判断したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)