芸能・アイドル

中森明菜の自殺未遂から30年。

今日の「Yahoo!」を見て、「もうそんなに経つのか・・・」と思った話。

「今日で中森明菜“自殺未遂事件”から30年」

ちょうど30年前の1989年7月11日、当時人気絶頂だった中森明菜が、これまた人気絶頂だった近藤真彦の自宅で腕を切って自殺を図った。結果として自殺未遂に終わったわけだが、当時はかなりの衝撃的ニュースだった。
「明菜とマッチ」と言えば、当時のアイドル界の「トップオブトップ」のカップルだった。それがこんな事件を起こすとは思いもしなかった・・・とは言えなかったりする。明菜は感情の起伏が激しいキャラ(今で言うところの「躁鬱」っぽさはあった)というイメージは凄くあった。それが魅力ではあったのだけど。
ええ、私は松田聖子よりは断然明菜派です(笑)。

この自殺未遂以降も歌手や女優としても活動したが、現在は休養中。
また歌声を聴きたい気持ちもあるが、精神が落ち着くまで休ませてあげたい気持ちもある。

それにしても、この頃の「女性アイドルの失恋」って明菜の自殺未遂、岡田有希子の自殺(1986年)と、「極端な行動に走り過ぎだろ」と思ってしまう(まあ、この2件だけだが)。
最近のアイドルが恋愛にうるさいのはこの2件が影響しているのかなあ、なんてことを思ったり。

| | コメント (0)

高島忠夫死去に思う。

今日知って「えっ」と驚いた話。

「高島忠夫さん死去 老衰88歳」

元々は俳優として、80年代~90年代はバラエティ番組の司会などで活躍した高島忠夫が亡くなった。政宏、政伸の父としても有名だった。

「高島忠夫のイメージ」というと、80年代に放映された「『クイズ・ドレミファドン!』の司会」というイメージが強い。
当時小学生だった私はイントロクイズが大好きで、食い入るように見ていたが、高島の「イントロドン!」の掛け声は今でもよく覚えている。その当時は「陽気なおっさんだなあ」と思っていた。
余談だが、私が小学生の頃の日曜日は、12時から「クイズ・ドレミファドン!」、13時から「スーパージョッキー」を見ていた。
今思うと当時はテレビ大好きっ子だったなあ。

ただ、「ドレミファドン」などでの陽気なキャラの裏側で、長男(政宏、政伸より先に産まれた子)を5ヶ月の頃に家政婦に殺されたり、うつ病やパーキンソン病を患ったり、かなり波乱の人生だった。
前者の「長男を殺された事件」は私が産まれる前の話だが(1964年)、こんな目に遭って仕事を続けられたのは凄いと思った。て言うか、この犯人が当時未成年だったとは言え、3~5年の刑期で済んだというのが恐ろしい・・・。

天国で55年ぶりに長男に会えるといいなと思います。
合掌。

| | コメント (0)

堀ちえみのガン公表に思う。

今日は特に何も無い一日。
なので、昨日書けなかった話を。

昨日報じられた、「堀ちえみがステージ4の舌ガンを公表した」という話。

これはさすがに驚いた。

堀ちえみと言えば、80年代を代表する・・・とまではいかないものの、「第2グループ」のアイドルであった(さすがに、中森明菜、松田聖子あたりを差し置いて「80年代を代表するアイドル」とは書けない)。
私は、最近は地上波をEテレ以外はほとんど見ないので、彼女の活動状況は全く知らなかったが、関西方面で活動していたらしい。
そんな状況での、突然のガン公表である。そりゃあ驚きます。

公表から1日経ってニュースを見たが、本人も昨年の夏から口内(舌の裏側)の異常は感じていたらしい。
ただ、なかなか治らず歯科医でレーザー治療もしたが、他の場所に転移し、その後はドンドン進行して行った、という感じだったと。
あと、彼女はリウマチの治療もしていて、その薬の副作用で口内炎ができやすかったらしい。なので薬を休んで様子を見ていたのだが、これもガンの発見を遅らせたのだろう。

まあ、口の中の違和感程度でガンを疑わないよなあ・・・とは思う。
私も口内炎は時々できるが「ストレスかな?」「ビタミンB2不足かな?」程度にしか思わない。で、実際にすぐ治るので気にも留めない。
彼女の場合は、不運が重なり過ぎてしまったなあ、としか言いようがない。

私が小さい頃に見ていたテレビに出ていた芸能人が、若くして亡くなるというのはやはり堪える。本田美奈子.が亡くなった時もかなり衝撃だった。
今は、奇跡の回復を祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネタも無いので嵐の活動休止の話。

今日の東京はこれから雪になろうかという天気で、かなり寒く感じる。
まあ、新潟の雪を見てきた身としてはどうということはないけれど。
ただ、東京はちょっと雪が積もるといきなり交通がマヒして酷いことになる。頼むから積もらないで欲しいです。

今日は他に何も無い一日なので、そのうち書こうかと思っていた「嵐の活動休止」の話でも。

来年いっぱいで活動休止することが報じられた嵐だが、正直なところあまり関心が無い。
SMAPの解散はそこそこ驚いたが、今回は「へ~」ぐらいにしか思っていない。そもそも、「嵐が出ているテレビ番組」を独身時代の頃からも見ていなかったからなあ。

どれくらい嵐に関心が無いかというと、今回の件で奥さんと話していて、「よく考えたら嵐の曲は『ARASHI』しか知らない」と言ったらめちゃくちゃ驚かれた(笑)。
・・・と書いていて、他に無かったかなと思ってウィキペディアを見たら「Happiness」は知ってた。でもこれ以外はタイトルを見ても全く曲が思い浮かばない。その程度の関心の無さです。

さて、これで「嵐が見られるのは2020年いっぱいまで」となったわけで、来年末までは“閉店セール”状態になるのだろう。
まあ、地上波をほとんど見ない私にとってはあまり関係無い・・・かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西城秀樹死去に思う。

今日のニュースはもちろんこれ。

「西城秀樹さん死去 63歳」

「YOUNG MAN」や「ギャランドゥ」などのヒット曲で知られる西城秀樹が亡くなった。63歳という若さだった。
以前から脳梗塞でリハビリしていたのは知っていたが、あまりに早い死だと思う。

私が「西城秀樹」を知ったのは、たぶん「ザ・ベストテン」での「YOUNG MAN」。
当時5歳だったが、「素晴らしい~、ワ~イエムシエ~、ちゃちゃらちゃらちゃらワ~イエムシエ~」は一緒に踊っていた記憶がうっすらある。
あとは「ヒデキ感激!」のセリフで有名なバーモントカレーのCMでも知っていた。
こう考えると、「物心がついて覚えた芸能人」としては一番最初の可能性もあるなあ。

そんな、ほんっとうに小さい頃から見ていた芸能人の訃報というのはやはり悲しいです。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山口契約解除に思う。

大型連休も終わって今日から普通にお仕事。
やることがあり過ぎだし、「本来なら月初めの2日目」に終わっている仕事を(5月)7日にやっているわけで、慌しいことこの上ない。
今週いっぱいはこんな感じでバッタバタになりそう。

昨晩報じられていたらしいが、TOKIOの山口が事務所から契約解除された。つまり「TOKIO脱退」が確定した、ということになる。
先日このブログでいくつかの可能性を書いたが、山口を残してTOKIO継続とかTOKIO解散までは至らなかった。個人的には最も現実的なところに落ち着いたと思う。

しかし、「山口抜きのTOKIO」が、TOKIOとして出演する番組(「鉄腕DASH!」とか)に出てきたらすっごく違和感があるだろうなあ。
あと、山口の器用さはあまりに有名だが、山口がいなくなったら「DASH島」とかの企画はどうなるのだろう、とも思う。ここ数ヶ月は全く見ていないので、どうなっているのかは知らないのだけど。

まあ、これで「山口騒動」はひと段落ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうするTOKIO。

今日は献血しに秋葉原へ行った。
献血ルームはなんか知らないがかなり混んでて、みんな暇なんだなあと思った(←人の事が言えるか)。

現在、J1第12節の東京vs神戸@神戸を観戦中で、その感想は後で書くとして、やはり今日は「TOKIO4人(山口除く)の会見」の感想を書くしかあるまい。
まあ、実際の会見は見ていないのだが、ネットでの評判を見ると「城島にはガッカリ、松岡よく言った」という感じ。
松岡は「山口が『TOKIOに戻れるなら戻りたい』と言うのを聞き、そんな甘えたことを言う根源がTOKIOにあるならTOKIOは解散してもいい」とまで言ったらしい。
逆に城島は「山口に『辞めてくれ』とも言えないし、答えを出せない」と言ったらしい。

正直、どっちの言い分もわかる。
松岡は山口を“切る”気満々で、山口の甘えを断ち切るためにTOKIOを捨てる覚悟も口にした。まあ、こっちの方が聞こえはいいし、普通の会社の考え方なら“当たり前”の話。
でも、城島が山口を“切れない”と言うのもわかる。だって20年以上一緒にやってきた仲間ですもの。100%山口が悪いが、どこか“逃げ道”を作ってあげたい、猶予を与えたいという気持ちは当然だと思う。

とは言うものの、コンプライアンス遵守が求められる昨今、「山口を残したままでのTOKIO継続」は現実的ではないだろう。
「山口を切って4人でTOKIO継続」、「山口を切らずにTOKIOとしての活動休止(山口以外のメンバーのソロ活動は継続)」、「TOKIOを解散して、4人ともソロ活動」、このあたりが候補になるのだろう。
まあ、当分は(もしかしたらこのままずっと)山口は復帰できないだろうし、「4人でTOKIO継続」というのが一番無難だろうか。
でも「山口のいないTOKIO」って、TOKIOじゃないよねえ・・・。
そういう意味では「解散してしまう」というのも“あり”だと思う。

とりあえず、今後の展開に注目ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山口やっちまったなあ。

昨日は東京の試合の話を書いたが、世間一般的には誰もがこのニュースに衝撃を受けたはず。

「山口達也『覚えていない』女子高生にキスで書類送検」

TOKIOの大工担当(←違う)、山口達也が、NHKの番組で共演した女子高生を自宅マンションに呼んで無理やりキスしたりしたらしい。
その後女子高生側が被害届を出し、示談は成立しているとのこと。まあ、示談が成立したからこうやって公に発表できたのだと思うが。

山口やっちまったなあ、というのが率直な感想。

TOKIOは「鉄腕DASH!」での真面目なイメージから、東京五輪や福島県などのPRという堅い仕事もしていたが、これ一発で全てが終わってしまった感じ。
今日になって報じられたが、山口はアルコール依存症の治療をするくらいに酒の問題を抱えていたらしい。だからといって同情する余地はどこにも無いのだが。

さてこうなると今後気になるのが「TOKIOはグループとしてどうするのか」ということ。
山口が不祥事を起こしておいて、TOKIOとして残りの4人が普通に活動するということが許されるのか。個人的には別に構わないと思っている。これはあくまで山口個人の不祥事だし、その場に他のメンバーがいたわけではないので。
どうなるにせよ、今後の展開が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有賀さつき急死に思う。

今朝、昼食を買っておこうと思ってコンビニに入り、スポーツ新聞欄を見た瞬間、「えっ!?」と声が出た。

「有賀さつきさん急死」

かつてフジテレビおよびフリーの女子アナとして活躍した有賀さつきが1月末に亡くなっていたことがわかった。52歳の若さだった。

有賀はフジテレビの女子アナとしてバラエティのアシスタントに出まくっていた印象がある。ウィキペディアで「フジテレビは4年で退社」と書いてあって、「そんなに短かったっけ?」と思った。
最近では「Qさま!」で見た。難易度の高い問題を正解していて、「有賀ってこんなに頭良かったの?」と思った記憶がある。

自分と大きく年齢が違わない人の訃報を聞くと、「自分も健康に気をつけないとなあ・・・」としみじみ思います。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小室引退。

今日は2日ぶりに出社。
職場で、インフルエンザに罹った人が2人増えて軽く驚く。
それ以外にも風邪気味で休んでいる人(インフルエンザかもしれないが)が2人いて、「大丈夫か、うちの職場」とは思った。

我が家の方は、上の息子は熱も上がらず、昨日と似たような感じ。
問題は下の息子の方で、今日の昼の時点で38度まで熱が上がってしまった。明日、上の息子を病院に連れて行くのだが、一緒に診てもらおうと思う。
一難去ってまた一難ですなあ・・・。

話は変わって。
今日はさすがにこれに触れないわけにはいかない。

「小室哲哉、謝罪会見で引退発表」

不倫疑惑が報じられた小室哲哉が、けじめを取る形で引退を発表した。
一時代を築いた小室が引退というのは、ありきたりな書き方だが「ひとつの時代の終わり」を感じる。

ただ、今までいろんな女性に手を出してきた小室が、不倫疑惑ぐらいで引退してしまうというのはちょっと意外だった。
ここ数年は奥さんのKEIKOのサポートで大変だったらしいが、精神的に疲れ切っていたのかもしれない。
まあ、これを機にゆっくり休んで欲しいと思います。

この流れで「私が好きな小室曲」のネタで書こうかと思ったが、たくさんあり過ぎるので、少しまとめてから後日書こうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧