競馬

フェブラリーSと小倉大賞典の予想。

今日から奥さんの実家に帰省。

正月は雪があまり積もっていないというので断念したのですよ。
で、新潟に夕方に着いたが、まずまず積もっていた。これなら充分雪遊びできそうです。

明日はフェブラリーS@府中。
自慢じゃないが、フェブラリーSは単勝も馬連も当てたことが無い(笑)。昨年はワイドが当たったが、これはかなり珍しいことだった。
さて今年のメンバーを見てまず思うのは「逃げ馬少ね〜」ということ。これはインティ(2番人気)の逃げが濃厚だろう。そしてそのまま押し切られそうな気はしないでもない。一応インティは買うのだが、それ以上に買いたい馬がいる。

◎アルクトス。

現在4番人気。
昨年の南部杯2着以来の休み明けになるが、調教は動いたようで問題は無いと見る。府中ダートのマイルは4戦4勝と得意とする舞台。鞍上の田辺も今日は3勝と好調だった。
今年の手薄なメンバーなら充分チャンスはある。

もう一頭気になるのはワンダーリーデル(9番人気)。
昨年の武蔵野Sで単勝取らせてもらってからずっと買っているが、今回はその武蔵野Sと同じ府中のマイル。
スローな展開になりそうなので、正直展開は向かない気もするが、ここで買わずに好走されたら死んでも死に切れないので買う。
あと、鞍上の横山典は明日は52歳の誕生日です。

あと、2番のアルクトスを◎にするので、馬連2-10は抑えておく。
明日のプレゼンターは女優の川口春奈なのだが、彼女の誕生日は2月10日だったりする(笑)。10番はノンコノユメ(6番人気)で、「有り得ない馬」でもないし。

最後にモズアスコット(1番人気)は買わない。
来てもおかしくはないが、そこまで手が回らない。

あと、小倉大賞典の予想も。
これはずっと買ってるエメラルファイト(3番人気)しかない。小回りの1800mは絶対向くはず。

まあ、今週も当たらないんだろうなあ(←なんてことは思ってない)。

| | コメント (0)

京都記念と共同通信杯の感想。

今日の東京は朝から雨で、家族みんなで家で過ごす。

そうなると息子達は「テレビを見たがる」か「何か食べたがる」かの二択になる。それに奥さんがイラついて一人で外出するという展開になったりする。
ほんと、週末に雨が降るのは勘弁して欲しい。
今日の競馬は京都記念@京都と、共同通信杯@府中。
京都記念を制したのは人気に応えてクロノジェネシス。
道中は先行し、4角で外に持ち出すと力強く伸び、カレンブーケドール(2着/2番人気)を寄せ付けず完勝。
うん、普通に強かった。上がり勝負だと昨年のエリザベス女王杯みたいに切れ負けするが、今日みたいな時計のかかる馬場なら強いことを改めて見せた。
期待した◎ドレッドノータス(6番人気)は8着。
こちらも先行していたが、4角の時点で手応え悪く、全く伸びず。ここまで馬場が悪いとダメなのかもしれない。
共同通信杯を制したのはダーリントンホール(3番人気)。
道中は好位を進み、直線で逃げたビターエンダー(2着/4番人気)のインに入るとそこから2頭の激しい叩き合いになり、ハナ差競り勝った。
これまで詰めの甘さで勝ち切れなかった馬だっただけに、今日みたいな馬場は合っていたのかもしれない。逆に言えば軽い良馬場でどれだけやれるかはわからないままだけど。
圧倒的1番人気だったマイラプソディは4着。
後方からだったので展開が向かなかったのは事実だが、それにしても1・2着馬から離され過ぎ。初めての輸送が影響したのだろうか。
期待した◎ココロノトウダイ(5番人気)は5着。
これはいい感じで先行していたのだが、直線で伸び切れず。プラス12kgの影響なのだろうか。半姉フェアリーポルカも小回り向きな馬なので、この馬もそうなのかもしれない。
というわけで今週も外れ。
お気づきかもしれないが、今年に入って1回も◎が勝っていない。それどころか3着にも入っていない。なかなか深刻なスランプである。
まあ、そのうち当たると気楽に考えるとします。

 

| | コメント (0)

京都記念と共同通信杯の予想。

今日の競馬は藤田菜七子が骨折したという残念なニュースがあった。

藤田は今年も順調に勝っていただけにこの怪我はいろんな意味で痛い。早く戦列復帰してくれることを祈ります。
明日の競馬は京都記念@京都と、共同通信杯@府中。
京都記念は例年『先行できる、ちょい人気薄の馬」が強いレース。
◎ドレッドノータス。
現在5番人気。
昨秋の京都大賞典では11番人気の低評価を覆す勝利。この時は3番手から抜け出ての勝利だった。
時計のかかる馬場でも好走しており、今の京都には適性がありそう。
もう一頭気になるのはノーブルマーズ(6番人気)。
2走前に高倉を降ろしてからは川田→ミナリクが先行させて惜しい競馬をしている。明日の鞍上はシュタルケだが、ちゃんと先行させてくれると信じて買う。
人気になっている4歳牝馬2騎は悩ましい。
「京都記念で人気になった牝馬」はジェンティルドンナ、ハープスターがいたが負けてるんだよなあ…。
まあ、一応買うけれど。
共同通信杯はマイラプソディが単勝1.5倍の圧倒的人気だが、共同通信杯って1倍台の人気馬がよく負けるんだよねえ。
さすがに消せないけど、一発ありそうな馬を狙う。
◎ココロノトウダイ。
現在4番人気。
1勝クラスを勝って3戦2勝と底を見せていないところと、デビュー以来1800m戦しか使われていないところがいい。
半姉フェアリーポルカに昨年の紫苑Sでお世話になった恩もあるし。
馬券は◎の単勝とマイラプソディとの馬連だけ買う。
ほんと、そろそろ重賞当てたいです。

| | コメント (0)

東京新聞杯ときさらぎ賞の感想。

現在、サイパンの朝6時

みんな寝ているが、私は起きてしまったのでこうしてブログ書いている。
昨日は東京新聞杯@府中と、きさらぎ賞@京都。
東京新聞杯を制したのはプリモシーン(4番人気)。
道中は中団に構え、直線では馬場のど真ん中を鋭く突き抜けた。
昨年のヴィクトリアマイル2着馬なのだからまともならこれくらい走れる馬だとは思ったが、昨秋のボロ負けの内容が悪過ぎたのでここでは買いづらかった。
でも、この馬人気でころっと負ける馬だから、今後も買うかどうかは悩まされそう。
期待したサトノアーサー(3番人気)は4着。
いい感じで先行していたがじりじりとしか伸びず。マイル戦で切れ味勝負になったら分が悪いということだろう。
きさらぎ賞は伏兵のコルテジア(7番人気)が勝利。
スローの流れの3番手から先行勢をねじ伏せた。シンザン記念でも3着と好走したが、今の時計のかかる馬場が合っているのだろう。まあ、今後どうこうとは思わないかなあ…。
期待した◎グランレイ(2番人気)は8着。て言うか最下位。
道中はスローで折り合いを欠きまくり、直線は全く伸びず。現状は短距離向きかねえ。
というわけで馬券は外れ。
仮に日本に残ってじっくり検討していても外れていただろう(涙)。

 

| | コメント (0)

東京新聞杯ときさらぎ賞の予想。

結局、次男の熱は少し下がり、特に問題は無い感じ。

というわけで、現在みんなで成田空港行きのバスに乗っている。
あと2時間もすればサイパン行きの飛行機に乗ることになる。
次の更新は、火曜日の夜になります。
最後に簡単に日曜の競馬の予想。
東京新聞杯@府中。
◎サトノアーサー。
POGで持っていた馬。前走は不良馬場が堪えた。良馬場なら巻き返せる。
きさらぎ賞@京都。
◎グランレイ。
朝日杯での最速の末脚を評価する。
では、サイパン行ってきます。

 

| | コメント (0)

ニシノフラワー死亡に思う。

今日知っていろんな意味で「えっ」と驚いた話。

「G1 3勝の名牝ニシノフラワーが死亡」

1991年の阪神3歳牝馬S(現在の阪神ジュベナイルフィリーズ)、1992年の桜花賞、スプリンターズSを制したニシノフラワーが死亡した。31歳だった。
「ニシノフラワーが死んだ」というのも驚きだったが、「まだ生きてたのか!?」というのも驚きだった。

フラワーの現役時代は、私が高校3年→浪人→大学1年だった頃。
正直、阪神3歳牝馬Sは全く記憶が無い。大学受験直前(1回目)だったし。ただ、桜花賞→オークスは浪人になったばかりの頃で余裕があったのでよく覚えている(笑)。
桜花賞での強さには驚いたが、オークスはなんとなく負けそうに思えた。で、実際にオークスは負けたのだが、この時は一応「浪人になったばかりだし、馬券を買うのは控えよう」と思っていたので馬券は買っていなかった。今思えばもったいない話である(笑)。
年末のスプリンターズSで、ダイタクヘリオスなどの古馬をまとめて差し切った末脚も印象深い。
ほんと、体調が万全で短距離を使ったらめちゃくちゃ強い馬だった。

ただ、古馬になってからはG1では勝てず引退。
繁殖に上がってからもあまり強い馬は出せなかった。2年前にひ孫にあたるニシノデイジーが頑張ったが、昨年はイマイチだったし。

でも、「競馬を始めた頃に見た強い馬」の一頭だったのは間違い無い。
現在のように短距離路線がもっと整備されていたら、もっと勝てていたと思う。

安らかに眠って下さい。
合掌。

| | コメント (0)

根岸SとシルクロードSの感想。

今日は息子達と近所の公園や図書館で遊んだくらいで特に何も無い一日。

今は用事が無ければ人混みに飛び込みたくないです。
今日の競馬は根岸S@府中と、シルクロードS@京都。
根岸Sを制したのはモズアスコット(3番人気)。
スタートで出遅れたが、向正面で中団に付け、直線では外に持ち出すと鋭く伸び、早目に抜け出たコパノキッキング(2着/1番人気)をあっさり捕らえて勝利。
うん、「芝で実績がある馬の初ダート」を嫌う者としては買いようがない馬だった。
それにしても強かった。昨年のレースを見る限りは頭打ち感があったので、仮にダート適性があるとわかっていてもここまで走るとは思わなかった。
さてこうなると次はフェブラリーSだと思うが、今年からサウジCという超高額レースが始まり、そこに昨年のチャンピオンズC勝ち馬のクリソベリルが向かうので、フェブラリーSは少し手薄なメンバーになる。というわけで、モズアスコットがフェブラリーSを制しても全然おかしくないですな。
期待した◎ワンダーリーデル(6番人気)は8着。
さすがに後方待機過ぎた。それでいてインを突かずに大外持ち出して届くわけがない。ただ、1400mは少し短かったかもしれない。フェブラリーSに出走したらもう一回騙されてみる。
シルクロードSを制したのはアウィルアウェイ(3番人気)。
道中は後方に構え、直線では馬場のど真ん中を伸びて突き抜けた。
今日はとにかく外差しの馬場で、そういう競馬をした鞍上の川田を褒めるべきだろう。
さて、この後は高松宮記念だと思うが、今日みたいに差し馬に向く展開になるのだろうか。個人的には逃げ、先行で粘ったモズスーパーフレア(4着/2番人気)とセイウンコウセイ(5着/10番人気)の方が高松宮記念で面白そうに思えた。
期待した◎カラクレナイ(7番人気)は11着。
インで脚を溜めていたが、全然伸びず、外から差されまくっていいとこなし。馬場の傾向を見るのは大事だなと改めて思った。
馬券はシルクロードSの馬連(29.2倍)を当ててプラス。
「◎以外の気になる2頭」の馬連を抑えて正解だった。
来週は東京新聞杯@府中と、きさらぎ賞@京都。
しかし、来週は土曜日からサイパンに行く。
オッズ見ないで予想するほどのレースでもないが、どうするかは考えます。

 

| | コメント (0)

根岸SとシルクロードSの予想。

続いて明日の競馬の予想。

明日は根岸S@府中と、シルクロードS@京都。
根岸Sは差し馬が強いレース。
素直に「お世話になった差し馬」を買う。
◎ワンダーリーデル。
現在4番人気。
昨年の武蔵野Sでは単勝25倍を取らせてくれた馬である。ただ、府中では安定して走る馬なので、この低評価がそもそもおかしかったのだと思う。
そして明日も得意の府中。大崩れは無いと見る。
相手はわからん。無難に買うならコパノキッキング(1番人気)とミッキーワイルド(2番人気)だが、どっちもそこまで信用できるのか、という不安はある。
シルクロードSは淀短距離Sを好走した先行馬を買えばいいレース。
◎カラクレナイ。
現在8番人気。
ここ3戦は全て京都1200m戦を使って全て3着(前走は淀短距離S)。ただ、このうち2戦は2桁馬番でのもの。今回は絶好の2番枠を引けたので、もう少し上の着順になってもいい。
相手に選びたい馬は2頭。
まずはエイティーンガール(6番人気)。
淀短距離Sを制したアイラブテーラーと、3走前の3勝クラスで接戦を演じており、それでいてハンデ53kgは美味しく見える。
もう一頭はアウィルアウェイ(5番人気)。
ここ2走は◎と走って1勝1敗。能力的にはいい勝負だろう。
基本的にはこの3頭で買う。
あと、義理で買うのはダイメイプリンセス(12番人気)とラブカンプー(14番人気)。来るとは思ってません(笑)。
2月になって流れが変わることを祈ります。

 

| | コメント (0)

AJC杯と東海Sの感想。

まずは競馬の話。

今日の競馬はAJC杯@中山と東海S@京都。


AJC杯を制したのは人気に応えてブラストワンピース。

好位を追走し、4角でインに切れ込むと、粘り込みを図るステイフーリッシュ(2着/5番人気)を競り落とした。「ねじ伏せる」という形容がぴったり来る勝ち方だった。
まあ、まともに走ればこれぐらい強い馬だとは知ってた。ただ、今日がその「まともな状態」でない可能性もあったと思っていたので、今日買わなかったことは後悔してません。
さて、この後はどうするのだろうか。
大阪杯と宝塚記念を目指すのが自然だとは思うし、この二つに「まともな状態」で出走できれば普通に勝ち負けだと思う。
期待した◎スティッフェリオ(3番人気)は8着。
予想通りに逃げたが、直線でバッタリ止まって終了。馬場の良い外目に出したが全く意味が無かった。悪い馬場が堪えたか、疲れがあったのか。何にせよ、少し休ませた方がいいかも。

東海Sはエアアルマス(2番人気)が勝利。
好位を進み、直線で早くも先頭に立つとそのまま後続の追撃を許さずに押し切った。
前走の武蔵野Sで大敗を喫していて、今日はそこから休み明けだったので信用していなかったが、普通に強かった。
これでダート路線に転向して5戦4勝。強いとは思うが、フェブラリーSでも買えるかというと不安もある。
期待した◎アングライフェン(5番人気)は4着。
結果的に位置取りが後ろ過ぎた。ただ、そもそも1800mが短いのだとは思う。

というわけで今日はいいところなく外れ。
結局、1月は◎が1回も複勝圏内にさえ入らないという酷い有様。
2月は巻き返せるように頑張ります。


| | コメント (0)

AJC杯と東海Sの予想。

今日の夜は長男の5歳の誕生日のお祝いでケーキ(長男の希望でサーティーワンのアイスケーキ)を食べたり、奥さんと一緒にビール飲んで楽しく過ごす。

アイス美味しいんだけど、量があり過ぎる…。

話は変わって明日の競馬。
明日はAJC杯@中山と東海S@京都。
AJC杯は素直に「お世話になった馬」を買う。

◎スティッフェリオ。

現在5番人気。
昨年の小倉大賞典、オールカマーで単勝を取らせてもらった馬である。
明日はそのオールカマーと同じ中山2200m。得意の舞台と言える。
メンバーを見ると逃げ馬不在で、楽に先行させてもらえそう。前走の有馬記念は先行馬のこの馬には厳しいレースとなったが、明日は巻き返しがあっていい。
相手は、まずは無難にミッキースワロー(2番人気)。
昨年のオールカマーで2着だったのはこの馬。このレースを含めて、中山2200mの重賞は3戦して1勝2着2回と安定している。
穴馬で気になるのはウラヌスチャーム(8番人気)。
何気に中山は4戦して1勝2着3回とオール連対。中山2200mは牡馬相手に3勝クラスを勝った舞台でもある。
馬券はこの3頭で。ブラストワンピース(1番人気)は休み明けだし、外枠だし、来たら仕方ないと諦める。

東海Sは、まずはインティ(1番人気)とスマハマ(3番人気)の強力逃げ馬2頭がどうするかを読む必要がある。
どちらも譲らなければ昨年のみやこSのように共倒れになるし、どちらかが譲れば昨年の東海Sのようにどちらも馬券圏内(ただし譲った方が負ける)だろう。
まあ、普通に考えれば後者の展開だろうが、それだとガチガチの配当なので、前者の展開で前が止まることに賭ける。

◎アングライフェン。

現在5番人気。
昨年の東海S6着以降は掲示板を外すことなく安定している。1800mは少し短い印象だが、末脚はしっかりしていて大崩れはないと見る。
あと、明日の鞍上のデムーロがこの馬で1戦1勝なのは少し好材料。全くのテン乗りよりはいい。デムーロは先週まで4勝とイマイチだったが、今日は中山で3勝(1番人気無し)と好調だった。その勢いを明日も持続して欲しい。
相手はわからん(笑)。今週、種牡馬のエンパイアメーカーが死んだからその産駒を買うか、とも思い、実際に2頭いるのだが、ちょっと厳しそうなんだよなあ…。
というわけで、◎の単複だけ買います。

先週はタテ目で馬連的中だったが、明日は◎に好走してもらって的中したいです。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧