競馬

「馬場のすべて教えます2」を読む。

昨晩行われた天皇杯2回戦、東京vsヴィアティン三重@味スタは3-0で勝利。
まあさすがに勝つよね。
ただ、昨晩はJ1勢が数チーム負けている。東京は次の3回戦は千葉(J2)との対戦になるが、気は抜かないで欲しい。

今日は特に何も無い一日だったので、最近読んだ本の話。競馬の話でもある。

「馬場のすべて教えます2」(小島友実・著)という本を購入して読み切った。
この本は、小島氏(女性の競馬キャスターにして馬場研究の第一人者)が全競馬場の馬場を取材した内容をまとめた一冊である。
データは最新のもので芝・ダートともにまとめてあるし、地方と一部の海外もまとめている。

この本の凄いところは「えっ、そうなの!?」と思うことばかり書かれていること。
競馬歴35年の私が知らなかったことや、思い違いをしていたことがたくさん書かれている。

1990年代に比べると今の馬場はかなり柔らかいこと。
「エクイターフ」という芝を使うようになって馬場が傷みにくくなったこと。
ダートで使われている砂は年1回洗浄していること。
JRAのダートコースの砂厚は全競馬場9cmで一定なこと、などなど書き出したらキリがない。

いやもうマジで勉強になった。
これを知っているのと知らないのとでは競馬に対する理解度が全然違うし、馬券の成績にも影響すると思う。

この本の値段は1900円(税抜)と少しお高めだが、競馬ファンなら絶対買うべき一冊であると断言できる。
私はまずは1回読み切っただけなので、これから2周目、3周目・・・と読みまくり、暗記できるくらいになろうと思います(笑)。

| | コメント (0)

安田記念の感想(2024年)。

結局うちの奥さんは今朝は特に具合が悪いとかは無く、通常モードだった。

まあ、大事に至らなくてよかった。
そして長男は朝から少年野球の試合に参加して、夕方は四谷大塚の全国テスト。
次男は朝から四谷大塚の全国テストを受けて、その後はのんびり過ごす。
次男は初のテストになるわけだが、今からテスト慣れしてもらおうと思っているだけで、結果は求めてないです。長男は、まあ、前回より良ければいいかな・・・。

競馬の話。
今日の競馬は安田記念@府中。
安田記念を制したのはロマンチックウォリアー(1番人気)。
絶好のスタートから好位を進み、直線に入って馬群から抜け出ると一気に突き抜ける。最後は外からナミュール(2着/4番人気)などが追い上げてきたが、半馬身差をつけての完勝だった。
これは強かった。直前の雨がプラスになったのかもしれないが、良馬場でも逆転はされなかった気がする。単純に実力の差が違った感じ。
馬券は外れ。
1・2着馬を買っていないのだから話にならない。先週もそうだったが、1番人気は消すものじゃないですな(笑)。

ただ、今週は新年度のPOGで取った馬2頭がが新馬戦で勝ってくれたので気分はいい。
1頭目はウィンターベルという牡馬で、父はバゴ。
2頭目はミリオンローズという牝馬で、父はスワーヴリチャード。
どちらも府中のマイル戦で勝ったのだが、この時期の府中マイルの新馬戦を勝った馬は例年活躍している。願わくばこの2頭もそうなって欲しい。

さて、来週&再来週はG1もG2も行われない。
なので、週末の予想は休みにする予定。
書くネタがあるのかどうかは心配です(笑)。


| | コメント (0)

安田記念の予想(2024年)。

続いて明日の競馬の話。

明日は安田記念@府中。
さて困ったことに明日の府中は「今夜はパラパラ降って、明日の午後からまとまった雨」の予報。現在の文京区が晴れなので信じられないが、雨が降るとなると例年の傾向は使えなさそう。
というわけで今回は「重馬場巧者」「近年で強い外枠の馬」で買う。その観点で買いたいのは4頭。

ステラヴェローチェ(7番人気)
ソウルラッシュ(2番人気)
セリフォス(3番人気)
パラレルヴィジョン(6番人気)

ステラは今年に入って復調気配で、2走前にオープン勝ち、前走の大阪杯は速い上がりを使って僅差の4着。そしてこの馬は現役トップクラスの重馬場巧者。良馬場でも買うつもりだったが、馬場が渋るのであれば買わない理由は無い。
ソウルは前走のマイラーズCを勝って臨む。ここ2年の安田記念では結果は出ていないが、この馬も渋った馬場は得意なので、今年は買う。
セリフォスはマイラーズC2着から臨む。そのマイラーズCは+12kgで、いかにも「安田記念に向けての叩き台」だった。ただ、この馬は重馬場経験が無く、その点は不安。17番枠から外をぶん回せば荒れたインは通らないで済むので、あまり気にしなくてもいいとは思うが。
パラレルは重馬場巧拙どうこう以前に「ルメールが乗るから」という理由で買う(笑)。ルメールは直近6年の安田記念で全て3着以内で、相性は抜群。馬も先行して粘れるタイプだし、重馬場はプラスに働きそう。

人気だけど買わないのはロマンチックウォリアー(1番人気)。
これ、明日が良馬場だったら自信満々に消していた。「香港馬にとっては府中の馬場は速過ぎる」と書くつもりだった。ただ、馬場が渋って時計がかかるようだと来てもおかしくないかもしれない。でも、この馬は本質的には中距離馬だと思うので、初志貫徹で消す。

まあ、明日はまず馬場が読めない状況なので、何が起きてもおかしくないとは思う。
買えば買うだけ外れそうな気はする、と今から言い訳しておく(笑)。


| | コメント (0)

’23~’24シーズンPOGを振り返る。

今日は在宅勤務。
明日から営業日的には4日連続出社なので、今日はのんびり過ごす(笑)。
昼休みには散髪に行って坊主にしてもらう。2ヶ月に1回くらいは行かないと頭頂部の薄さが目立ってくるので、このペースで通うことになりそう。

今日は特に何も無い一日だったので、仲間内での’23~’24シーズンのPOG(ペーパーオーナーゲーム)の話を書く。

結果から書くと、優勝した。

オークス前までは3位だったが、チェルヴィニアがオークスを勝ってくれたので一気に首位に立った。
ダービーでレガレイラが2着以上だったら逆転されて2位だったのだが、レガレイラが着外に沈んだのでそのまま優勝できた。

チェルヴィニアは、私は「ドラフトで取りたいリスト」で全体の4番目に入れていた。
メンバー内でのドラフトの結果でめでたく取れたのだが、実は取れない可能性もあった。

私のリストの1番目に入れていたのはラケダイモーン(ステルヴィオの半弟)という馬だったのだが、これが他のメンバーと競合し、抽選で取れなかった。
その結果、リストの2番目だった馬を外れ1位で取り(ちなみにウールデュボヌールという馬で、新馬戦勝っただけで終わった)、3番目だった馬は他のメンバーに取られていた。
そしてチェルヴィニアを2位で獲得できた、という流れである。

で、もしもラケダイモーンを抽選で獲得できていたら、チェルヴィニアは他のメンバーに先に取られていた。

つまり「ラケダイモーンの抽選で負けたおかげで優勝できた」という話である。

ちなみにラケダイモーンは未勝利勝っただけで終わっている。
クジ運って大事だよね・・・という話でした。

| | コメント (0)

ダービーと目黒記念の感想(2024年)。

続いて競馬の話。

今日の競馬はダービーと目黒記念。
ダービーを制したのはダノンデサイル(9番人気)。
スタートしてすぐに押して行って好位を取り、最内に構える。前半1000m62.2秒のスローペースの先団で脚を溜め、直線で最内を突くとそこから突き抜けて、後続を寄せ付けずに完勝した。
いやいやいや、ここまでペースが遅くなるとは思わなかった。そして後方から動こうとする馬が2頭しかいないことにも驚いた(4・6着だったサンライズアース(15番人気)とコスモキュランダ(6番人気))。
勝ったダノンデサイルに文句を言うつもりはないが、正直なところ「恵まれた勝利」という気はする。「ダービーは運がいい馬が勝つ」とはよく言ったものだ。
馬券は外れ。
ダノンを買ってて2着のジャスティンミラノ(1番人気)を買わないという、ある意味凄い外し方。でも、ジャスティンは最後の直線での突き放され方を見ると、本質的には2400m向きではないと思う。

目黒記念を制したのはシュトルーヴェ(1番人気)。
道中は後方に構え、直線で外に持ち出すとそこから鋭く伸びて差し切った。
今日はハンデ58.5kgを背負い、決して楽ではなかったと思うが鋭い末脚だった。現在の2400m路線は低調なので、この馬が今年のジャパンカップを勝っても驚かないなあ。
馬券は外れ。
シュトルーヴェは買っていたが、2着のシュヴァリエローズ(10番人気)を買えず。
この馬、前走が初の2400m戦で好走していて、長距離適性は見せていた。ただ、G2でいきなり通用するとは思わなかった・・・。

というわけでダービーも目黒記念も外れ。
ダービーは、結果だけみるともったいない外し方だったかもしれない。まあ、攻めた上での外れなので仕方ないと割り切ることにする。

ちなみに、今日の結果で今年度のPOGの優勝が決まった。
レガレイラが5着に沈んだおかげである(笑)。
もしレガレイラが2着になったら、馬券は当たったがPOGは2位になっていた。そう考えると、馬券が外れてよかった、とか思ったり。


| | コメント (0)

目黒記念の予想(2024年)。

最後に目黒記念の予想。

目黒記念は基本的には内枠の馬が強く、後は前に行ける馬も強い。そして「過去に目黒記念で好走した馬」も強い。これらの観点から買いたい馬は3頭。

マイネルウィルトス(5番人気)
クロミナンス(1番人気)
シュトルーヴェ(2番人気)

「日経賞1〜3着馬買ってるだけじゃねえか」というツッコミはごもっともです。
マイネルは前走の日経賞は3着だったが、1・2着とはそれほど離れてはいなかった。府中2500m重賞は2着が3回あり、得意な舞台なので、日経賞の上位2頭を逆転してもおかしくない。
クロミナンスは前走が初の2500m戦だったが普通にこなして2着。ロードカナロア産駒なので2500mは長そうに思うが、むしろ長距離の方が合うのかもしれない。あと、今のルメールに逆らう気はしません。
シュトルーヴェは前走が初の2500m戦&初の重賞挑戦だったがいきなり勝った。日経賞は好メンバーだったと思うが、そこで一発で結果を出したのには驚いた。明日は斤量が58.5kgになるのは楽ではないが(上記2頭は57.5kg)、今の勢いならこなしてもおかしくない。

人気だけど買わないのはサトノグランツ(3番人気)。
理由は「4歳馬だから」。て言うか、今年に入って日経新春杯とカタールでのG3で3着の実績しかないのに58.5kgのハンデは厳しいと思う。

ダービーと目黒記念、できれば両方当たって欲しいが、せめてどちらかは当たって欲しいです。
・・・昨年も同じこと書いたが。


| | コメント (0)

ダービーの予想(2024年)。

続いて競馬の話。

明日はダービー&目黒記念@府中。
今年は古馬G2はよく当たっているので(←自慢)、両方予想する。

まずはダービー。
ダービーは基本的には「皐月賞で速い上がりを出して好走した馬」が強い。あと、「皐月賞を1分57〜58秒台の速いタイムで勝った馬」は意外とダービーで好走できていない(近年ではサートゥルナーリア、アルアインなど)。中距離適性が高過ぎて2400mは長いのかもしれない。
これらの観点から買いたい馬は3頭。

レガレイラ(2番人気)
アーバンシック(4番人気)
コスモキュランダ(5番人気)

レガレイラは皐月賞では後方から最速の上がりで追い込むも届かず6着。高速決着になり、後方待機のこの馬には厳しい展開になってしまった。しかし、今回は主戦のルメールに戻るし、「速い上がりが使える」この馬には展開は向くはず。
あと、「高速決着だった皐月賞で後方届かずだったがダービーで巻き返した」というのがレイデオロ(2017年ダービー馬)に似ていると思ったり。
アーバンは皐月賞ではやや後方からメンバー中で2番目の上がりで追い込んで4着。この馬も高速馬場&展開が向かなかった感じ。どんな条件でも速い末脚を使えるし、1勝クラスで勝ったことがある府中に替わるのも魅力。
コスモは皐月賞で中団からメンバー中で3番目の上がりで追い込み、勝ち馬とはクビ差の2着。↑で「高速決着の皐月賞で勝った馬はダービーで不振」と書いたが、チョイ負け組はそうでもない。弥生賞勝ち→皐月賞2着からダービーというのは、昨年のダービー馬のタスティエーラと同じくローテでもあるし、今回も5番人気の評価なら買うべきだろう。

これ以外で気になるのはダノンデサイル(9番人気)。
皐月賞はハ行で出走取消となったが、その後の経過は問題無く、明日の出走となった。京成杯ではアーバンシックを負かしていて能力はあるし、「先行力がある内枠の馬」でもある。この人気なら抑えたい。

人気だけど買わないのは思い切ってジャスティンミラノ(1番人気)。
ちょっと思い切りが良すぎるかもしれない(笑)。
ただ、↑にも買いたが、高速決着だった皐月賞勝ち馬はダービーで不振というジンクスは気になるし、この馬の勝ち方が「先行しての押し切り」というのも「スピード豊かな中距離馬」っぽい。来たら仕方ないと割り切って消すことにする。

目黒記念の予想はこれから書きます。


| | コメント (0)

オークスの感想(2024年)。

今日は午後から息子たちを連れて北新宿公園(新大久保から徒歩15分)へ。

長男の少年野球の練習試合がここで行われ、奥さんが外出するので次男を連れて行った。
現地で義妹さんと姪っ子と合流し、長男が野球やってる間は次男と姪っ子と遊び、終わった後はみんなで晩ご飯食べて楽しく過ごす。「雨が降りそう」という天気予報だったが、どうにか雨に降られずに済んで助かった。

まずは競馬の話。
今日のG1はオークス@府中。
オークスを制したのは私の期待に応えてくれたチェルヴィニア(2番人気)。
スタートで少し後手を踏んだが、そこで無理をせずに後方でじっくり構える。そして最後の直線で大外に持ち出すと力強く伸び、インから馬群を割って伸びていたステレンボッシュ(2着/1番人気)をゴール前でねじ伏せた。
いやもう、ルメールが乗るとこうも違うか、と改めて実感した。逃げ馬が57秒台で逃げるハイペースだったが手綱を引いてしっかり折り合わせ、最後の直線での脚を残す乗り方は素晴らしいの一言。

馬券は単勝4.6倍と馬連5.9倍が的中。
ステレンは上手く馬群を割って伸びてきたが、2400m適性で少し劣ったのかもしれない。
あと、枠連だったら6.4倍だったというのは見なかったことにする。

というわけで安いながらも的中。収支としてはプラスにできているのだからよしとする。
そして、仲間内のPOGでは暫定ながら首位に立った。
これで2位以内はほぼ確定で、あとはレガレイラが3着以下になってくれれば優勝となるはず。
・・・でも、レガレイラはルメールが乗るんだよなあ・・・。
こっちも「鞍上がルメールに戻ったらあっさり勝つ」という展開になりそうな気はします。


| | コメント (0)

オークスの予想(2024年)。

今日は朝からPTA活動で小学校へ。

「資源回収活動」の副部長として雑務に追われるわけだが、ほぼ月一回この活動があるのは地味に面倒くさい。昨年&一昨年の「絵本の読み聞かせ」が楽勝だっただけに、今年の活動の面倒くささが身にしみる。

今日は他には名人戦第4局の1日目が行われたくらいで特に何も無し。この対局の感想は明日書きます。

というわけで明日の競馬の予想。
明日のG1はオークス@府中。
まず、◎チェルヴィニア(2番人気)は確定している。
言うまでもなく、POGで持っているからである。
前走の桜花賞(13着)は5ヶ月以上の休み明けというのもあったが、外枠から先行策に出て、脚を溜める間も無く直線に入ってばったり止まってしまった。
しかし明日は主戦のルメールに戻るので、桜花賞のようなことにはならない・・・と信じる。

近年のオークスは桜花賞馬か、桜花賞で中団からそこそこ伸びた馬か、別路線で速い上がりで好走した馬が強い。桜花賞で追い込んで勝ち切れなかった馬は意外と好走できていない気がする。
その観点から買いたい馬は3頭。

ステレンボッシュ(1番人気)
タガノエルピーダ(8番人気)
アドマイヤベル(6番人気)

ステレンは桜花賞を勝って臨む。その桜花賞はモレイラの好騎乗もあったが、2着に3/4馬身つけての完勝劇はこの馬自身の能力の高さも感じた。血統的には2400mに伸びるのは大歓迎のはずなので、普通に考えれば2冠濃厚だと思う。
タガノは忘れな草賞勝ちから臨む。その忘れな草賞は、低レベルのメンバーではあったが、早め先頭から押し切っての完勝。昨年の朝日杯で牡馬相手に3着に入った実力がフロックでないことを見せた。この馬も血統的には2400mは歓迎のように見える。鞍上がオークス2勝のデムーロというのも魅力。
アドマイヤはフローラS勝ちから臨む。そのフローラSは中団からのメンバー中で2番目の上がりで突き抜けた。後方一気タイプでないところはいいと思うし、デビューから一貫して左回りの中距離を使ってきたローテもいいと思う。

人気だけど買わないのはライトバック(3番人気)&スイープフィート(4番人気)。
どちらも「桜花賞で後方からの追い込みで上位に食い込んだ馬」だが、このパターンでオークスでも好走するのは「桜花賞を勝ち切った馬」だけ・・・だと思う。
まあ、この2頭まで買っていたら儲からないというのもあるが、明日は「差し届かず」の方に賭けたい。

先週は当たりようのない結果だったが、明日は当てて勢いを取り戻したいです。


| | コメント (0)

ヴィクトリアマイルの感想(2024年)。

今日は朝早くから長男の少年野球の練習試合に付き添う。

「8時に北池袋集合」というなかなかハードなスケジュールだったが、早起きして頑張った。試合場所は北池袋にある学校のグラウンドだったが、かなり広くて驚いた。池袋の隣の駅でこんなに広いグラウンドがあるのは羨ましい限り。

競馬の話。
今日の競馬はヴィクトリアマイル@府中。
ヴィクトリアマイルを制したのはテンハッピーローズ(14番人気)。
道中は後方に構え、直線では大外を通って鋭く伸びて先行勢をまとめて差し切った。

・・・いやいやいや、こんなに強い勝ち方できるとは夢にも思わなかった。このレースは「阪神牝馬Sでちょい負けした馬」が強く、この馬は0.4秒差の6着だったわけだが、さすがにここまで手は回らない。これは「事故」だったと思うことにする。
当然ながら馬券は外れ。
4頭BOXで買って、一番好走した馬が6着(ウンブライル(3番人気))では話にならん。
まあ、ここまで豪快に外れれば悔しくもないです(笑)。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧