競馬

ラジオNIKKEI賞とCBC賞の感想。

今日の競馬はラジオNIKKEI賞@福島と、CBC賞@阪神。

ラジオNIKKEI賞を制したのは伏兵のバビット(8番人気)。
スタート直後から多数の馬での激しい先行争いになったが、最内枠を生かして先頭に立つ。そのまま直線に入ると2番手以降を一気に突き放し、終わってみれば2着馬に5馬身差の圧勝。「逃げ馬が最速の上がりを使う」という、凄まじい勝ち方だった。
これは面白い逃げ馬が出てきた。この馬の父はナカヤマフェスタで、母父はタイキシャトル。その後はヌレエフ、ミルリーフとド名馬の名前が並ぶ。菊花賞でコントレイルの三冠を阻む馬になったり・・・はしないか?
あと、よく見たらこの馬未勝利戦で福島で勝ってた。これに気付けない自分が情けない・・・。
期待した◎コンドゥクシオン(10番人気)は11着。
向こう正面で手が動いている時点で終わっていた。思ったほど馬場が渋らず、この馬にはペースが速過ぎたかも。

CBC賞を制したのは超伏兵のラブカンプー(13番人気)。
好スタートから先手を奪うと直線に入っても逃げ脚は衰えず、そのまま1・3/4馬身差逃げ切った。
・・・・・・今更ラブカンプーが逃げ切り?と思わず声が出てしまった(笑)。
ただ、今日の逃げ脚は2年前に活躍していた頃を思い出させるものだった。昨年初めから大スランプ(怒涛の15連敗)だったが、ついにスランプ脱出できたのかもしれない。
期待した◎クリノガウディー(1番人気)は12着。
直線に入ったところで前が壁になって進路を変えざるを得なかったのが痛すぎた。ただ、前が開いていても突き抜けたかというと疑問ではあるが。

というわけで、予想はいいところ無し。
ただ、毎回義理で買っていたラブカンプーの単複(単勝93.1倍&複勝15.8倍)が当たってボロ勝ち。
やはりお世話になった馬は何があろうが買うべきということを改めて思い知りました。

| | コメント (0)

ラジオNIKKEI賞とCBC賞の予想。

明日の競馬はラジオNIKKEI賞@福島と、CBC賞@阪神。

今日はどちらの競馬場も馬場が悪かったが、明日も悪いだろう。でも先日書いた通り、重馬場適性を考えてもよくわからんので気にしないことにする。
ラジオNIKKEI賞は、前走が逃げ切った馬か2番手から抜け出て勝った馬が8頭いて、かなり先行争いが激しそう。それだったら差して勝ってきた馬を買いたい。
◎コンドゥクシオン。
現在11番人気。
2走前は山桜賞を10頭立ての6番手から差し切った。この末脚が明日は生きるのではないだろうか。
あと、この馬がこれまで挙げた2勝は、新馬戦は不良馬場、↑に挙げた山桜賞は重馬場でのもの。かなりの重馬場巧者だとは思う。さっき「重馬場適性は気にしない」と書いたばかりじゃねえか、というツッコミは無視する。
新馬戦を福島1800mで買っているのもプラス材料。ちなみに福島で買っている経験があるのはこの馬とコスモインペリウム(10番人気)のみ。
CBC賞は、素直にこの馬から。
◎クリノガウディー。
現在1番人気。1番人気に◎打つのは久々な気がする。
前走の高松宮記念では1位で入線しながら不利を与えたとして4着降着。「幻の高松宮記念馬」となった。
で、高松宮記念で上位を争った馬達がその後結果を出している。
1着に繰り上がったモズスーパーフレアは休養しているが、2着になったグランアレグリアは安田記念を制し、3着になったダイアトニックは函館スプリントSを制した。この流れなら、1位で入線したクリノガウディーも同様に好走しそう。
ハンデ58kgは、実際に高松宮記念を勝ったわけではないのに見込まれた感はあるが、そのおかげで単勝が3倍つくなら美味しいと思うことにする。
今日は「J1再開初戦を東京が制した」といういいことがあったが、この勢いを馬券に繋げていきたいです。

 

| | コメント (0)

宝塚記念の感想。

今日は競馬と将棋で書きたいネタがあるが、まずは競馬。
今日は宝塚記念@阪神。

勝ったのはクロノジェネシス(2番人気)。

道中は中団を進むが、3角から抑え切れない手応えで先頭に並びかける。レース直前の豪雨で馬場が渋り、他の馬の騎手が必死に手綱をしごく中、クロノの鞍上・北村友が持ったままだったのが印象的だった。
直線に入って先頭に立ったところではキセキ(2着/6番人気)が隣にいたが、そこから一気に突き放し、終わってみれば6馬身差の圧勝。
うん、強過ぎ。その一言。
重馬場適性が違い過ぎたというのもあるかもしれないが、今日の勝ち方を見ると良馬場でも勝っていたと思う。
さてこの後はどうするのだろう。
今日の勝利でコックスプレート(@オーストラリア)への優先出走権を得たわけだが、コックスプレートで勝てば優勝賞金&ボーナスで約2億9千万円ゲットできる。
・・・行くしかないよなあ・・・。

期待した◎ラッキーライラック(3番人気)は6着。
3角から鞍上のデムーロの手が動いていたように、今日の馬場では厳しかった。まあ、勝ちに行っての負けだから仕方ないと割り切れる。後方からちょろっと脚を伸ばしただけで、馬券圏内に入れなかったサートゥルナーリア(4着/1番人気)よりはよっぽどマシ。

というわけで今日は外れ。
クロノの単勝(4.1倍)を買う手はもちろんあったと思うが、ラッキーライラックを信じたので仕方ない。

| | コメント (0)

宝塚記念の予想。

今日からJ2再開&J3開幕。そして来週にはJ1開幕。ようやく「Jリーグのある日常」が戻ってきた。そろそろDAZNの再登録をしないとなあ。

明日の競馬は宝塚記念@阪神。

買う馬はこれしかない。

◎ラッキーライラック。
現在2番人気。
まあ、何番人気だろうが◎にするのだけれど。
これまで何度も馬券を取らせてくれた馬である。前走の大阪杯でも取らせてくれた馬を、ここで消す理由は無い。
真面目な話、宝塚記念は「前年のエリザベス女王杯を勝った馬」と比較的相性が良く、2016年のマリアライト、昨年のリスグラシューがエリザベス女王杯と宝塚記念を制している。◎は昨年のエリザベス女王杯を制しており、この2頭に続いてもおかしくない。
相手には大阪杯でお世話になったクロノジェネシス(3番人気)。
宝塚記念は8枠が強い(過去10年で7勝)が、そのラッキー枠の8枠に入った。
宝塚記念は「その年の京都記念を勝った馬」とも相性が良い。エリザベス女王杯と同じ京都2200mだからある意味当然ではある。こちらは2015年のラブリーデイ、2017年のサトノクラウンが該当する。そして今年の勝ち馬はクロノジェネシスである。
というわけでこの牝馬2頭で勝負する。
今年の上半期G1はここまで「牡馬牝馬混合戦での牝馬ワンツー」が3回あったが、締めくくりの宝塚記念もそうなることを期待する。
さて1番人気のサートゥルナーリアだが、あまり買いたくない。
弱いとは思わないが、斬れ味のあるこの馬には時計のかかる今の阪神の馬場は合わない気がする。
それだったらスティッフェリオ(8番人気)を買いたい。
この馬はステイゴールド産駒だが、ステイ産駒は宝塚記念を4頭で5勝しており、相性が良い。前走の天皇賞(春)でハナ差の2着だったが、それで8番人気なら抑えてもよかろう。
昨年に続いて宝塚記念当てて、上半期G1をいい形で終わりたいです。

 

| | コメント (0)

今更ながら帝王賞の感想。

今日は名人戦第2局が行われているが、まだ1日目なので深くは触れない。
ただ、パッと見には先手番の豊島が優勢に見えるのだが・・・。

あと、日曜に行われる宝塚記念の枠順が発表されたが、これの予想は土曜日に書く。
まあ、引っ張るまでもなく◎ラッキーライラックなんですけどね(笑)。

というわけで昨日の話。
昨日は帝王賞@大井が行われた。中央から参戦した7頭全てがG1馬という豪華メンバーの一戦だった。

制したのはクリソベリル(2番人気)。

道中は好位を進み、直線に入ったところで先頭を捕らえる。
外からオメガパフューム(2着/1番人気)が襲い掛かるが、逆にそこから突き放し、終わってみれば2馬身差の完勝だった。

う~む、2月末にサウジでレースして負けて、その後予定していたドバイが中止になるというアクシデントがあって、それでいて2番人気というのは嫌だなあと思ったらあっさり勝たれた。昨年末のチャンピオンズCで見せた強さは健在だった。
て言うか、昨日の強さを見ると、しばらくはこの馬の天下が続きそう。先週のユニコーンSを制したカフェファラオが2000mもこなせれば相手になるかも、という感じか。

それにしても改めて感じるのは「種牡馬・ゴールドアリュール」の凄さ。
これまでエスポワールシチー、コパノリッキー、スマートファルコン、ゴールドドリームを輩出してきて、この4頭だけでも凄いと思うが、ここからさらにクリソベリルである。
ここまで種牡馬として成功するとは思わなかったなあ・・・。

| | コメント (0)

ユニコーンSと函館スプリントSの感想。

今日の競馬はユニコーンS@府中と函館スプリントS@函館。

ユニコーンSを制したのは1番人気に応えてカフェファラオ。
2番手追走から直線で抜け出るとグングン伸びて独走態勢に。後方からデュードヴァン(2着/3番人気)が追い込むが、全く危なげなく5馬身差の圧勝。
これは「モノが違う」としかいいようがない勝ちっぷり。毎年ユニコーンS勝ち馬は後にG1馬になっているが、この馬も故障が無ければ確実にG1勝つだろうなあ。気が早いが、古馬勢との対戦が楽しみです。
期待した◎タガノビューティー(4番人気)は13着。
直線に入ったところでは2着馬と同じ位置にいたが全く伸びず。ペースが速過ぎてついていくのに精一杯だったのだろうか。

函館スプリントSを制したのはこちらも1番人気に応えてダイアトニック。
こちらも2番手追走から抜け出て、そのまま危なげなく2着に2馬身差の完勝。終わってみれば「高松宮記念で不利を受けての3着」は伊達ではなかった、ということなのだろう。58kgを背負ってここまで走られたら脱帽するしかないです。
この後はスプリンターズSを目指すと思うが、普通に有力馬の一頭だろう。
期待した◎ジョーマンデリン(3番人気)は3着。
好位を追走も先行勢を捕らえ切れず。ただ、連闘で重賞初挑戦でこれだけ走れたのは函館適性の高さのおかげだろう。

馬券は、函館スプリントSで◎の複勝(2.3倍)とダイメイフジ(2着/10番人気)とのワイド(29.8倍)を当てて余裕のプラス。
ダイメイフジは昨年の阪急杯からずっと追っていたが、ようやくまともな馬券を当てることができた(3走前の名鉄杯(1着)は買えなかった)。

というわけでまさかの土日連続での的中。
この勢いで宝塚記念も当てたい。◎はもちろんラッキーライラックです。

| | コメント (0)

ユニコーンSと函館スプリントSの予想。

今日は昨日の大雨が嘘のような好天。

長男の習い事が本格的に再開し、今まで通りに池袋〜代々木と通うので、晴れてくれるのはありがたいです。

明日の競馬はユニコーンS@府中と、函館スプリントS@函館。
ユニコーンSは外国産馬・持ち込み馬が上位人気を占めているが、意外と海外血統が勝てていないのがこのレース。
あと、明日と同じ府中マイルの青竜S好走馬が強いレースでもある。

◎タガノビューティー。

現在4番人気。
外国産馬・持ち込み馬の3頭に次ぐ人気である。
ダートはこれまで4戦して着外ゼロ。前走の青竜Sでは追い込んで3着だったが、3ヶ月ぶりの影響もあっただろう。「追い込んで差し切れない」可能性はあるが、大崩れはしないと思う。
青竜Sを制したデュードヴァン(3番人気)は気になるが、こちらは最内枠を引いたので軽視する。
あと、1・2番人気の外国馬2頭もキャリアが2戦と浅いので全幅の信頼はしたくない。

函館スプリントSはわかりやすい函館巧者がいるので、素直に買う。

◎ジョーマンデリン。

現在3番人気。
先週3勝クラスを制して、そこから連闘という強行軍。
ただ、この馬は函館で4戦3勝2着1回と、かなりの函館巧者。連闘でも重賞に使ってきたくなる気持ちは分かる。
他に函館巧者な馬もいないし、函館適性の高さを信じて買う。
余談だが、他界した私の父は「牝馬の連闘は目をつぶって買う」とよく言っていた。明日は父の日だし、父親の教えを聞いてみてもよかろう。

ところで今日は阪神メインの三宮Sで単勝(2.1倍)、馬連(4.2倍)、3着馬の複勝(5.1倍)、三連複(27.4倍)を当てて余裕のプラスで終われた。
この勢いで明日も当てたいです。


| | コメント (0)

エプソムCとマーメイドSの感想。

今日の競馬はエプソムC@府中と、マーメイドS@阪神。

エプソムCを制したのは、人気薄のダイワキャグニー(9番人気)。
2番手追走から抜け出て、そのまま後続の追撃を凌ぎ切った。
・・・いや、この馬、重馬場苦手だったはずなんだが・・・。
ただ、今日は馬場が悪過ぎて、「前に行かないと話にならない」状態だった。実際、最低人気の逃げ馬が3着に残ったぐらいだし。なので、今日は「重馬場の巧拙」より「先行力」が問われるレースだったのだろう。
期待した◎サトノアーサー(1番人気)は6着。
これは中団だったが伸び切れず。前に行けなかった時点で終わっていたのかもしれない。

マーメイドSを制したのは、こちらも人気薄のサマーセント(7番人気)。
こちらも2番手追走から抜け出て、そのまま後続の追撃を凌ぎ切った。
この馬も渋った馬場に実績が無いので無視してしまった。馬柱を見た時点では、「3勝クラスで3着からの格上挑戦でハンデ50kgというのは面白そう」と思ったのだが、重馬場適性を考え過ぎて失敗した。
期待した◎サラス(8番人気)は14着。
4角11番手で大外ぶん回しでどうにかなる馬場ではなかった。

というわけで今日もいいところ無し。
もうね。

重馬場適性なんか考えるだけ無駄、ということを思い知った一日でした。

| | コメント (0)

エプソムCとマーメイドSの予想。

続いて明日の競馬、

明日はエプソムC@府中と、マーメイドS@阪神。

どちらも雨の影響を受けそうで、重馬場、あるいは不良馬場になると思われる。
エプソムC出走メンバーで重馬場が上手そうなのは何頭かいる。
ピースワンパラディ(1番人気)とアンドラステ(4番人気)は、条件戦だが渋った馬場で何度か好走している。
ここ2年のエプソムCは馬場が渋っていたが、それを制したサトノアーサー(2番人気)とレイエンダ(3番人気)も重馬場巧者だろう。
…この4頭で上位人気独占している。この4頭で買えば当たる気もする(笑)。
この中で選ぶなら◎サトノアーサー。
かつてPOGで選んだ馬で、アエロリット、リスグラシューとともに私の優勝に貢献してくれた馬。
POG期間以降もずっと買っているが、あまり当てさせてくれない(笑)。
今回は坂井からレーンに鞍上強化されたのは心強い。
もう一頭気になるのはエメラルファイト(13番人気)。
これも昨年のスプリングSでお世話になってからずっと買ったら馬。その間7連敗しているが、前走は初めてのブリンカー着用が効いたのか久々に掲示板に載った。元々斬れ味があるタイプではないので、馬場が渋るのはプラスになりそう。
マーメイドSは毎年書いているが「前走パールS(3勝クラス)好走組」が強いレース。
該当するのは2着だったナルハヤ(2番人気)のみ。重馬場実績もあるし、これを◎でいい気もするが、鞍上が藤田菜七子なので過剰人気になってる感もある。
あと、今年のパールSは例年の京都1800mではなく、新潟1800mだった。これも少なからず影響しそうなので、ナルハヤは○扱いで。
では何を◎にするかという話だが、ある意味素直に買う。
◎サラス。
現在1番人気。ただ、これは単勝に大量の投票が入ったからで、複勝では11番人気だったりする(笑)。
さて、サラスは昨年のこのレースの勝ち馬。
昨年勝った後休養に入り、前走の新潟大賞典(15着)を叩いてここに臨む。調教は問題ない模様。
昨年のレース後に書いたが、この馬は阪神で4戦して馬券外ゼロと得意にしている。重馬場も2勝クラスで2着があり、下手ではなさそう。
昨年の覇者がこのオッズなら頭で買うべき。
重馬場巧者として買いたいのはレイホーロマンス(10番人気)。
馬場が渋った愛知杯(3着)、中山牝馬S(5着)では人気以上の着順になっている。たぶん重馬場は上手いはず。

う〜む、明日はG3しかないのに先週よりたくさん買いそう(笑)。

| | コメント (0)

安田記念の感想。

今日は安田記念@府中。


勝ったのはグランアレグリア(3番人気)。
道中は中団を進み、直線に入ってから絶好の手応えで抜け出るとそのまま突き抜ける。アーモンドアイ(2着/1番人気)も大外から追うが差は縮まらず、終わってみれば2馬身半差の完勝。
いや〜強かった。直線で抜け出した時の手応えが凄すぎた。今の府中の「軽い芝(今日は稍重だったが、軽いことには変わりない)」が合っていたのだとは思うが、アーモンドアイに何もさせないほど強いとは…。
さてこの後はどうするのだろうか。もう一回スプリントG1(スプリンターズS)に挑戦して、さらにマイルCSを狙う、という感じだろうか。香港の芝が合う感じはしないので、香港には行かないと思う。
で、2着に負けたアーモンドアイ。
出遅れたのは事実だが、上がり3ハロンでもグランアレグリアに負けていて、これは完敗と言わざるを得ない。結果論だが「本質的にはマイラーではなかった」ということなのだろう。
もしかしたら中2週で使った影響もあるのかもしれないが。
期待した◎ダノンプレミアム(4番人気)はまさかの13着。
いい感じで先行したが、直線では全く伸びず。レース後のコメント(鞍上のレーン)によると、内側の荒れた芝を気にしていたらしい。…その程度でやる気無くす馬なのか…。
というわけで今日も外れ。
結局、春の府中G1はオークスしか当たらなかった。
この借りは、ラッキーライラック@宝塚記念で取り返してやろうと思います。
あと、話は変わるが明日は将棋の棋聖戦、渡辺棋聖(&王将・棋王)と藤井聡太七段挑戦者との五番勝負の開幕戦。

これはabemaTVで生中継される。仕事の合間でちょこちょこ見ようと思います(笑)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧