将棋

今更ながら叡王戦第2局の感想。

今日は「東京都の新規のコロナ感染者が5日連続で100人を超えた」というニュースがあったぐらいで特に何も無い一日。

というわけで昨日書かなかった話。
・・・と書き出すと「都知事選の話?」と思うかもしれないが、そうではなく将棋の叡王戦第2局の話。都知事選の話は気が向いたらそのうち書きます。

豊島二冠挑戦者が勝って開幕2連勝とするか、永瀬叡王(&王座)が勝って1勝1敗のタイにするかという一局。

結果は持将棋で引き分け。

角換わり(という戦法名です)から、先手番の豊島が攻めて後手番の永瀬が受ける展開に。その後永瀬が耐え切って、玉を豊島の陣地まで逃がして安全モードに。一方の豊島も永瀬の玉を詰ませられないと見るや自分の玉を永瀬の陣地まで逃がす。
さてこうなると「お互いに一定の数の駒を持っていれば引き分け(「持将棋」と言います)」となる。
豊島の駒がやや少なかったがきっちり奪い取り、両者の合意の下で持将棋が成立した。
ちなみに成立時点での手数は222手。普通の将棋は100手前後で決着することを思えばかなりの長手数である。この時点で22時を過ぎており、規程で指し直しは行わずに終了となった。

豊島がもう少し上手く攻める手段があったようにも見えたが、永瀬が上手く決定打を与えなかった、ということなのだろう。永瀬らしい粘りを見せてくれた、という感じ。

さて、叡王戦は第1局は千日手からの指し直しで、第2局は持将棋。なかなか楽しい展開になっている(笑)。
ただ、二人とも過密日程の真っただ中にいるわけで、無理はしないで欲しいと心から思います。

| | コメント (0)

王位戦第1局。

昨日も書いたが、今日は王位戦第1局2日目。
木村王位に藤井聡太七段が挑む七番勝負である。

結果は藤井の勝利。

角換わり(という戦法名です)から、後手番の木村が「藤井に攻めさせる順」を取って、藤井もそれに乗って一気に攻める。藤井は飛車を見捨てて木村玉に襲い掛かり、「これはあっさり終わるのでは?」と思ったが、そこから木村が受けの妙手を連発。「藤井が攻め損なったら木村の反撃が強烈で耐え切れない」、という展開に。しかし、藤井は木村の受けをかいくぐり、細い攻めを繋ぎに繋いで寄せ切った。

いやあ、これまた凄い将棋を見た、という感じ。
攻める藤井、受ける木村という、お互いの棋風がよく表れた一局だった。
終盤の木村の金捨て&桂捨ての受けの妙手は「こんな受け方があるのか・・・」と感動したし、終局間近の藤井の「と金引き」の寄せは「次の一手」のような鮮やかさだった。

さて、まずは藤井が1勝目を挙げた。
ただ、この将棋を見る限り、藤井は簡単には勝たせてもらえなさそうな雰囲気を感じた。
楽しい七番勝負になりそうです。

| | コメント (0)

棋聖戦第2局。

次に将棋の話。
今日は棋聖戦第2局。
藤井七段挑戦者が勝って初タイトルに王手をかけるか、渡辺棋聖(&棋王・王将)が勝って1勝1敗のタイに持ち込むかという一局。

勝ったのは藤井。

先手番の渡辺が急戦矢倉で攻めるが、藤井が金を繰り出すという強気の受けで対応。
この後、きっちり受け切った藤井が反撃するとこれが強烈で、一気に寄せ切った。

棋譜を見たが、「藤井強え・・・」としか言いようがなかった。
中盤の「これで受かるの?」という手が受けの妙手で、渡辺の攻めが完全に切れてしまった。
終盤は無駄な手が全く無く、流れるように渡辺陣をぶっ潰した。
ここまで渡辺が完敗するのも久々に見た気がする。

というわけで藤井が開幕2連勝で初タイトル奪取に王手をかけた。
藤井からすれば後手番でブレイクできたのは大きい。
て言うか、名人戦の時も思ったが渡辺が精彩を欠いている感はある。過密日程は藤井も同じだが(て言うか、藤井の方が圧倒的に過密日程である)、体力的に渡辺にはきついのかも。
このまま3タテはつまらんので、渡辺には頑張ってもらいたいです。

| | コメント (0)

名人戦第3局。

今日は名人戦第3局2日目。

豊島名人(&竜王)と渡辺三冠挑戦者のどちらが2勝目を挙げるかという一局。

結果は豊島の勝利。

後手番の渡辺が序盤から少し工夫した駒組みを見せるが、そこに隙があると見た豊島が速攻を仕掛けて優勢に。
そのまま攻めて一気に押し切るかと思ったが、安全勝ちを目指して自陣に竜を引きつけたのが悪手だったようで、差が一気に縮まる。
その後、渡辺にチャンスがあったようだが決め切れず、最後は豊島が王様を渡辺陣まで逃がして安全を確保してから勝ち切った。

序盤の渡辺の指し回しはイマイチだったし、優勢になってからの豊島の及び腰も酷かった。
正直、凡戦という感じ。
まあ、過密日程なので、将棋の質が落ちるのは仕方ないけどねえ。

何はともあれ、豊島が2勝1敗とリードした。
ただ、先手番をキープしたに過ぎない、ともいえる。

次の第4局は、もう少しピリッとした将棋を見せて欲しいです。


| | コメント (0)

王位戦挑戦者決定。

今日は王位戦挑戦者決定戦、永瀬二冠(叡王&王座)vs藤井聡太七段。
永瀬vs藤井の組み合わせは、先日の棋聖戦挑戦者決定戦と同じ。藤井が再び勝つか、永瀬がリベンジするかという一局である。

勝ったのは藤井。

角換わり(という戦法名です)から、後手番の永瀬が居玉(王様を動かさないこと)のまま藤井陣を攻める。
終盤、桂馬を打って角を取りに行き、これが厳しそうに見えたが、そこで藤井は飛車取りに桂馬を打った。これが好手で、きっちり受け切った。その後、藤井は自分の王様を安全地帯に逃がしてから一気に反撃して寄せ切った。

終わってみれば↑にも書いた藤井の桂打ちが素晴らしかったのだろう。
「普通の飛車取りでは勝てないので桂馬を打った」のだが、それを終盤の時間が少ないところで読み切るのが凄い。

というわけで藤井が王位戦の挑戦者となった。
7月1・2日から木村王位との七番勝負を戦うことになる。

もちろん私は同い年の木村を応援する。
藤井は棋聖戦で頑張って下さい(笑)。

| | コメント (0)

今更ながら叡王戦第1局の感想。

今日は職場でかなり衝撃的な事実を知ったのだが、ここで書くにはまだ早いので書かない。
「まだ書けない」なら書くなよというのはごもっともだが、いつもの「今日は何も無かった」という書き出しだと嘘になるのであえて書いてみた。
ちなみに、私には直接何も関係無いのだがめちゃくちゃ悲しい話です。

昨日は将棋の叡王戦第1局が行われた。
永瀬叡王(&王座)に豊島二冠(竜王&名人)が挑む七番勝負である。
いつも書いているが、豊島・渡辺三冠・永瀬・藤井七段の4人は忙しすぎるな・・・。

その第1局は豊島が勝利。

角換わり(という戦法名です)から大乱戦になり、先手番の永瀬が居玉(王様を動かさないこと)のままでどんどん駒を進める。このまま豊島陣を完封するかと思ったら、豊島が永瀬の飛車を責める手が連続し、まさかの千日手(同じ手順が連続したら、その対局は終了して指し直しにするルール)に。
なぜ「まさか」というと、千日手が成立したのが20時20分。朝から対局が始まって、20時過ぎに「もう一回指し直し」になったのですよ。

で、30分後の20時50分に再対局開始。
持ち時間は「最初の対局の残り時間+1時間」になるので、この再対局の展開は早かった。
今回も角換わりになり、中盤~終盤の入り口でお互いの銀と桂馬が入り乱れたが、駒得から有利になった豊島がそのまま押し切った。

というわけでまずは豊島が1勝。
三冠達成に向けてまずは好スタートを切った(まあ、叡王戦の最中に名人を失う可能性はあるのだが)。
永瀬は指し直しになってしまった一局で勝ち切れなかったのは痛かったように思う。

さて。
激戦を終えた二人だが、豊島は糸谷八段と明日対局(@王座戦挑戦者決定トーナメント)。そして25・26日には渡辺三冠との名人戦第3局。
永瀬も、藤井七段と明日対局(@王位戦挑戦者決定戦)。

・・・マジで過労死するのではないだろうか。

| | コメント (0)

名人戦第2局。

今日は名人戦第2局2日目。

渡辺三冠挑戦者が勝って開幕2連勝とするか、豊島名人(&竜王)が勝って1勝1敗のタイにするかという一局。

勝ったのは豊島。

相掛かり(という戦法名です)から互いに攻め合う激しい将棋に。そこから豊島が上手く攻めて優勢になるが、渡辺も巻き返して難解な終盤に。
最後は互いに持ち時間を使い切って1分将棋(一手1分以内に指さないとダメ)となり、なんとか豊島が寄せ切った。
…らしいのだけど、まだ棋譜は見れていない。
まだYouTubeに上がってないんだよなあ(笑)。

というわけで、これで1勝1敗のタイになり、改めて五番勝負の形になった。
お互いに後手番でブレイクするという、ちょっと不思議な展開。
まあ、一方的にどちらかがリードしてもつまらんので、個人的には嬉しい展開です。


| | コメント (0)

またも永瀬vs藤井の挑戦者決定戦。

「また将棋か」と思うかもしれないが、今日は王位戦の挑戦者決定リーグ戦の最終局。


このリーグ戦は紅組と白組に分かれていて、今日の結果で永瀬二冠と藤井聡太七段が各組で優勝。この後、23日(火)にこの二人で挑戦者決定戦を戦い、勝った方が木村王位に挑戦することになる。
永瀬としては棋聖戦挑戦者決定戦のリベンジなるか、というところ。これも注目の一戦である。
さて、この23日までに永瀬は叡王戦タイトルホルダーとして豊島二冠との防衛戦を戦う。
そして藤井は師匠の杉本八段と竜王戦の挑戦者決定トーナメント出場権を賭けて戦う。
ちなみに同時期には豊島二冠と渡辺三冠との名人戦第2局も行われる。

…ほんと、豊島、渡辺、永瀬、そして藤井の4人は濃厚過ぎる1ヶ月を過ごしてるな…。

| | コメント (0)

名人戦第1局。

今日は名人戦第1局2日目。
豊島名人(&竜王)に渡辺三冠が挑む七番勝負である。
結果は渡辺の勝利。
角換わり(という戦法名です)から膠着状態になったが、後手番の渡辺が打開して優劣不明なまま終盤に。
自陣を固めようが無くなった豊島が一気に攻めるが攻め切れず、渡辺の攻めのターン開始、と思ったら17手詰めという長手数の詰みで一気に寄せ切った。
鮮やか過ぎるカウンターが炸裂した、という感じ。
それにしても難しい将棋だった。
結局、豊島の敗着はなんだったのだろうか・・・。
何はともあれ、開幕局を後手番の渡辺が制した。いきなり後手番で「ブレイク」できたのは渡辺にとって大きい。
次の第2局は渡辺の先手番。ここも渡辺が制するようだと、意外とあっさり行ってしまうかも、とか思ったり。

| | コメント (0)

改めて棋聖戦第1局の感想。

今日は「東京が暑かった」以外に特に何も無い一日。

というわけで、昨日の棋聖戦第1局、渡辺棋聖(&棋王・王将)vs藤井七段挑戦者の棋譜を改めて見た感想を。

やっぱり凄い将棋だ、と再確認(←語彙が少ない)。

終盤、渡辺陣に受けが無くなり猛攻を仕掛け、怒涛の16手連続王手を掛けたところでは、ソフトの評価は「藤井が99%勝勢」だった。
これはつまり「藤井が間違えなければ藤井の勝ち」ということ。しかし、逆に言えば「藤井が間違えたら藤井の負け」ということで、実に綱渡りな状況だった。

で、棋譜を見たら「藤井はよくこれ間違えないで対応できたな・・・」と驚くしかなかった。しかも考慮時間がほとんど無い中で、である。これ、普通の棋士だったら渡辺に逆転負けを食らっていると思う。

それにしても、第1局から名局が誕生してしまった棋聖戦。
第2局が楽しみだが、残念ながら少し間が開いて28日(日)に行われる。

では渡辺&藤井が暇になるかというとそんなことは無く、渡辺は明日・明後日で豊島名人(&竜王)との名人戦第1局を戦う。
藤井は王座戦の挑戦者決定トーナメント戦で大橋六段と対局。暇なんてどこにも無い、という感じである。

ほんと、体調管理には気を付けて欲しいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧